<   2010年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ぺルナ リエスカ Perunarieska

d0134806_18135744.jpg

私の好きなフィンランドのパン、ぺルナリエスカ。

peruna ぺルナ ” は、ジャガイモ。
rieska リエスカ ” は、平べったいパン。

イーストを使わず、ベーキングパウダーでほんの少しだけふわっとふくらませるパンです。

フィンランド人の主食と言ってもいいでしょう、ジャガイモがメイン。
食事で残ったマッシュポテトの使いみちのひとつ。材料もシンプル、発酵もさせない手軽な
パンなので、スーパーで買うというより、家で作るパンに分類されるんじゃないですかね?

学校のレシピは、マッシュポテトと粉と塩とベーキングパウダーのみ。
もんのすごいやわらかい生地なので、たっぷりの打ち粉をしないと、あっちこっちにベタベタ
くっつきます。そんでもって、うす~く伸ばさないといけません。

先週の木曜日にも作ったんですけど、そのときはマッシュポテトが硬すぎたために、非常に
扱いやすい生地でございました。

それじゃダメなんで・・・。

それを踏まえて、今日はマッシュポテトのやわらかさを調整。扱いにくい生地が出来ました。
ただ、まだもう少し薄く伸ばしたほうが良いと言われました。

焼く時間もほんの5分程度であっという間です。すんごい高温で焼きますので、枚数が多い
とひっくり返したりするのに忙しい。

でもね~楽しかったです!これまで作る機会がなくて、作りたいと思ってたんですよねぇ。
ギリギリで作ることができて良かったです。
いつも学校体験などで実習室にやってくる中学生達が作っているのを、指くわえて見てたん
ですよ。


スーパーで売っているぺルナリエスカをじーっと見ては、あんまりおいしそうに見えないので
買わずにいたんですけど、学校で作った出来たてのぺルナリエスカをひとくち食べたら・・・

「えーっ!こんなにおいしいもんだったのー?!」

ガツーンとやられました。

それ以来、学食のパンかごにぺルナリエスカが置いてあると、小走りで取りに行きます。数
が少ないので、あっという間になくなっちゃう。
普段は、学食でマッシュポテトが余ったときに、リエスカ用に使ってくれと厨房から持ってき
たら作るので、たま~にしか出ません。


私が思うに・・・
“ 焼きたてのぺルナリエスカにバターをのせて、シンプルに食べる!”
これが最高においしい。ほっぺた落ちそう・・・じゃなくて、落ちます。
[PR]
by tornio | 2010-03-29 19:40 | Leipomossa 実習で

恒例の大魚釣り大会 Tornion suurpilkit

d0134806_1161791.jpg

今年で15回目の Tornion Suurpilkit
凍ったトルニオ川の上で開催される、春が来る前の大イベント “トルニオの大魚釣り大会”。

jääkaira (=氷ドリル) で氷に穴を開けて、そこに釣り糸を垂らして・・・じーっと待つのみ。

この寒い中、よくやるよねぇ・・・。強いアルコールぐらい飲みもってでもしないと、やってらん
ないんじゃないですかね?実際、小瓶片手にやってる人もいましたけど。妙にハイテンション
に笑ってる人なんかも・・・。

皆さん、同じ姿勢で止まったまんま。寒いだろうに、我慢強く魚が食いつくのを待ってるのは、
傍から見てたらおもしろい光景です。自分がやろうとは思いませんけど。寒さで寝ちゃう。

学校のパン職人Lさんも氷上釣りをやるそうで、餌にする toukka やら mato やらの幼虫を
カップにうじょうじょ入れて、冷蔵庫にしまってあるんだと。冷蔵庫に幼虫・・・

うえぇ~っ!想像しただけで身体がよじれる。この世で一番寒気がする生き物だわ~。
生きてて、うようよ動いてるんですよ?カップの中で何百匹と・・・。うえぇぇ~!気絶する。
それを指先でつまんで、釣り針につけるんですよね?あぁ・・・一生無理。

スーパーの広告にも載ってました。カップに入った幼虫がお買い得って。
怖いもの見たさで見てみたいような、でもやっぱり見たくないような商品。


さて、この釣り大会。今日は4時間、明日は3時間の釣り時間で、一番大きい魚を釣った人
が優勝。魚の長さじゃなくて、重さで競います。法律で釣り解禁時期が決められている魚の
lohitaimen が釣れても、それらは対象から除外。

今年は15回目の記念ということで豪華な賞品が貰えます。
例えば・・・

日産とプジョーの車が目玉。大盤振る舞いで2台、用意されました。
skootteri スクーター
pesutorni 洗濯機と乾燥機のセット
taulutelevisio 液晶テレビ
ruohonleikkuri 芝刈り機
moottorisaha 電動のこぎり
kotiteatteri ホームシアター
peräkärry & soutuvene けん引荷台とボート

などなど。

賞品のラインナップがフィンランドらしいというか、現実的生活密着賞品ばっかりです。
庭が広いからねぇ、mökki も持ってるしねぇ、芝刈り機があれば楽チンでしょうね。
賞品でお国柄が出ますな。

女性の優勝者には、シルバーアクセサリーのセットが贈られます。
ジュニア部門の賞品は、ビデオカメラを優勝者に。2位~5位まではMP3プレーヤー。

魚を釣って車が手に入るとなれば、寒かろうが何だろうがじっーと待つのもわかる気がする。
フィンランド人男性って新車好きだし。

賞品ラインナップを見ながら、私ならこれが欲しいな~と参加もしないのに想像してみたりして。
宝くじも買ってないのに、3億円当たったらどうする?っていろんな想像ふくらまして楽しむ人。

今日はトルニオの Kaupungin Hotelli もさすがに満杯?魚釣り大会を渡り歩く、地方参加者
も多いと聞きましたんで、周辺のバーやレストランも今夜は賑やかなんじゃないでしょうかね。


フィンランドのイベントを見に行く度に、つくづくフィンランド人って素朴だな~と感じます。
川で釣りをしてる人がいて、子供たちを乗せて馬が氷上を歩き、レストランの野外ステージじゃ
カラオケ大会。ソーセージ屋台があり、karkki 屋台がある。

そういう気取らないところ、素朴さが好きなんでしょうねぇ。フィンランドをキライになれない。
いろんな意味でかっこつけなくていい国。

ま、刺激はほどほどに必要だとは思いますけど。
[PR]
by tornio | 2010-03-28 03:45 | Torniossa トルニオで

最後の学期 viimeisen jakson aikataulu

d0134806_4535255.jpg

やっと金曜日・・・いや、もう金曜日?
毎日職場実習が終わって、学食でお腹いっぱいにして帰ってきて、襲う眠気を必死にこらえつつ、
卒業課題に取り組む日々です。

“ながらご飯” とでも言いますか、晩ご飯なんか超テキトー。そのために学食でたらふく食べる。
寝るのも早いので、寝てしまえばお腹が空いてようが気になりません。それよか、寝る方が大事。

ここ最近、めっきり明るくなってきましてですね・・・時々、自分の生活は何だろうと疑問に思うこと
があります。

“なんでこんな明るい時間に布団に入ってんだ?”って・・・

そう思ってるうちに寝てますけど。


そんな超早寝早起きの4学期もあと2週間で終わります。来週はイースター休暇で4連休。
いよいよ最後の5学期がやってきます。

で、先生から受け取った最後の時間割。5学期は・・・おもろくも何ともない “一般教科”。
最後の最後に、英語、数学、物理です。

ぶーつーりー?すーがくー?えいごー?しらーん。

私の人生に関わって欲しくないモノばっかりでございます。地獄の5学期。

なんですけど、時間割を見ると午前中が休みだったり、午後が休みだったり、土・日を含めて4連
休だったり・・・ヒマと言えばヒマだな。でも、それを計算してた部分が9割。

最後の学期に職場実習だったら卒業課題に費やす時間がないだろうと思って、5学期に一般教
科を受けて、空いた時間に卒業課題をしようと目論んでいたのです。3教科だけだったらポツポツ
と休みが入るハズと予想して、先生に希望を言っときました。予定通りです。
私にとって、卒業課題をするためにある5学期です。

卒業ギリギリまで余裕のない生活はイヤですからねぇ。5学期は荷物をまとめたり、帰国の準備
がありますから、職場実習なんかしてる余裕はなーい!


ぶっちゃけ、英語も数学も物理も努力して理解しようという気合いは・・・一切なし。
ほんとに、心の底からどーでもよろしい。

今さら、そんなもん必死にやる理由が見つからない。
[PR]
by tornio | 2010-03-27 06:52 | Koulussa 学校で

時間がどんどん・・・ Aikaa ei voi pysäyttää.

d0134806_23394097.jpg

いつまでたっても寒いですけども。

この前、日本の天気予報を聞いたところ・・・

「明日は、気温が9℃前後の冬に逆戻りしますので、ダウンコートが必要かもしれません。」

えぇ?そりゃ~汗ダクダクになるだろー。

トルニオでその気温なら、ダウンもセーターも箱の中よ?

9℃なんて春だ!春!ダウンコートなんかクリーニングに出してしまえ!


さて、学校での職場実習もあっという間に5週間が終了。な~んでこんなに早いの!?
蒸し返すようですが、あのハミナでの2ヶ月間はとてつもなく長ったらしく、苦痛だった・・・。
二度と戻りたくないです、ハイ。あの日々を思い出しただけでゾッとする、っていうのが本音。
同じ長さの時間が流れているとは思えないな~。

学校での職場実習は忙しくて、仕事を任されて、いつもうろちょろ出来て・・・楽しすぎ。
あっという間に過ぎていく時間がもったいなくて、あと3週間で終わると思うとガッカリです。


スキー休暇には夜中の1時とかに寝て、朝6時~8時頃に起きて・・・の生活をしてましたが、
月曜日からはちゃんと元通り。生活リズムをこんだけコロコロ変えても、ちゃんと順応してる
自分に感心しちゃう。

確かに、週の後半はさすがに起きるのがしんどくて、金曜日はぐだぐだな夜になりますけど、
実習室に入ればシャキッと変身しますから。すんごい機敏な動きで、超働き者に。


実習では、注文ケーキがあるときは、私がその担当。たいていは定番のイチゴケーキ。
“イチゴケーキ” と指定してあれば、これを。

d0134806_1285137.jpg

イチゴケーキは夏を象徴するケーキなので、冬の定番はラズベリーケーキと言ってもいいん
ですけど、これにはある事情が。

12月頃にフィンランドの食品安全局から通達があって、輸入ラズベリーからノロウィルスが
検出されたということで、熱を加えずに冷凍ラズベリーを使うのは当面禁止!になってます。
熱を加えたもの、例えばジュースとかソースとかで冷凍ラズベリーを使うならOK。ただし、
フィンランド産の冷凍ラズベリーは熱を加えなくても使えます。

と言っても、国産のラズベリーは収穫量が少なく、大きさも揃ってなくて、ほとんど砕けた粒
の状態。写真のイチゴの代わりにラズベリーをのせるんですけど、何袋あっても足りないと
いうことになるので、今はイチゴケーキの注文を受けているというわけです。

フィンランドでは生のベリー類を使うのは、その季節だけ。収穫が終われば、冷凍やジャム
やジュースにして保存するのが普通です。フィンランドは北国ですからね、冬場に食べ物に
困らないよう食材を保存する文化と言いますか、いろんな技術や歴史があっておもしろい。

ま、それでも、ケーキを作りながら “フレッシュベリーがあればなぁ” って思うことは多い。

d0134806_234139.jpg

これは、ristiäiskakku (=洗礼祝いのケーキ) の注文で作ったものです。
青色のバラを飾ったので、男の子用です。女の子ならピンク色。

どんなケーキにしようかといろいろ考えたんですけど、アイデアが出なかったのでシンプル
な生クリームのケーキに。
例の、悪夢のテレビ出演 “ケーキコンテスト” で作ったのも同じようなもんです。

d0134806_2451872.jpg

最後に、今週作った Hääkakku (=ウェディングケーキ)。

うちの学校のレストランでウェディングパーティーがあったので、2段ケーキにしました。
黄色いバラと緑の葉で春をイメージ。

なんですがね・・・
あまりの出来の悪さに、大きい写真で載せるには抵抗があったので、ちっちゃい写真で。
遠目に、薄目を開けて、ぼや~っとした感じで見ていただければありがたい。

もっと精進します。
[PR]
by tornio | 2010-03-20 03:01 | Leipomossa 実習で

どこがマシ? Millä lentoyhtiöllä lennän?

d0134806_20123174.jpg

スキー休暇が終わって、なんか知らないうちに3月中旬?・・・早すぎ。
結局、スキー休暇9日間のうち、6日間を卒業課題に費やしました。
なーんじゃそら。

横道逸れてばっかりかと思えば、“休暇” にずるずると朝から寝るまでやるっていう・・・
かしこくないと自分でも思っちゃいますけども。


で、3月ももうあと半分で終わっちゃうな~ってことを考えていたら、そろそろ帰国の予定
も立てていかないと、残り2ヶ月の予定も立たないと思いまして・・・

肝心要の “帰国便” を検索し始めました。飛行機運賃なんてもんは、あってないような
もんですから、早め早めに調べておかないと。

なんですけどねぇ・・・そんな豊富に選択肢があるわけでもないっつーのが痛い。


帰国日に関しては選択の余地がないので、もう決めたと言ってもいいぐらい。卒業式の
2日後には滞在許可が切れちゃうもんで、卒業式も出席しない・・・いや、できない?
交通不便な田舎のトルニオでうだうだ留まっていたら、マジで出られなくなるので。


出発日が限定されている状況でも、出来る限り安くて、気分が悪くならない旅をしたい!
じゃー、どこの航空会社を利用する?っていう話。

最安でトルコ航空ってのがありましたが、なんでわざわざイスタンブールよ???
で、今のところ、候補は3社。

1、フィンエアー
2、エールフランス
3、KLM

この3社で絞ろうかと思ってるんですけど、どれも一長一短。


フィンエアー
長: 早くて楽チン。直行便。たぶん墜落しない。
短: 運賃が高い。機内食がマズイ。ショボい。チーズとクリームまみれのメニュー。

飛行機に乗っている時間は短いほど有り難いんですけど、それでフィンエアーを選ぶか
っていうと・・・ないんだな、これが。
機内での楽しみって言えば、食べるぐらいです。その唯一の楽しみが・・・うんざりだ。
動きもしない機内で、クリームまみれのパスタとか出されても食欲減退。
   

エールフランス
長: 一番安い。
短: シャルル・ド・ゴール空港がイヤ。機内食がおいしいわけでもない。

運賃が安いのは魅力。でも!あの空港に寄るってだけでイヤ。あそこの職員がイヤ。
無駄に時間がかかって、こっちばっかりが焦る羽目になる。
機内食はおいしいとは思わなかったけど、フィンエアーよりはマシ。


KLM
長: フィンエアーよりは安い。機内食がおいしい&アイスクリームがおやつに出る。
短: 空港での乗り継ぎ待ちが長すぎる。

機内食がおいしかった。日本食に飢えている人間にはうれしい、日本の味がてんこ盛り。
見た目も美しくて上品。間でアイスクリームかカップラーメンを出してくれるのもうれしい。
ヨーロッパ線の軽食もおいしかったです。

ただ、空港で5時間待ちとかっていうのが・・・空港でショッピングしない私は、ヒマすぎる。


高い運賃払って、楽チンだけど、ご飯がマズイ。
安めで、ご飯はおいしいけど、倍の時間がかかる。
安いけど、イヤな気分にさせられた上に、これといってプラスポイントもない。

今のとこ、 はよっぽどの事情が出てこない限り、ないな~。
有力候補は、やっぱ KLM。これから破格の値下がりを期待します。

フィンエアーは、ストックマンの Hullut Päivät (春のセール)で格安航空券が出たら・・・
まじめに考えます。
[PR]
by tornio | 2010-03-17 22:44 | Elämässä 生活で

誕生日がやってくる。 Täytän kohta OO vuotta.

d0134806_3111214.jpg

も~い~くつ寝ると~、たんじょ~び~。

てなわけで、ひとつ年をとる日がまたやって来ます。

学校では、私はまだまだ “20代前半の少女” で通用しているようなので、自ら年齢を公表
することはしませんが、聞かれたら年齢詐称せずに答えます。ま、十中八九、驚かれます。

「えー!そんなおばはんだったんだー!」

とは思っても、本人を目の前に言えませんわね。かと言って、

「そんなふうには見えないよー!?もっと若いと思ってた~!」

なんていうのも、フォローになってない気がします。すいませんね、大人に見えなくて・・・。
しかーし!脳年齢はとっくに50代。どっちかと言うと、おっさん思考です。表に出さないだけ。

正直、フィンランドで年齢を言うのが苦痛です。若く見積もられるにも限度がある。


さて、自分の誕生日に何をしたらいいか?っていうのが問題。ま、無理矢理何かする必要も
ないんですが、それもつまらんな~って思いますし。

とりあえず、スキー休暇中に卒業課題で作る予定のケーキの試作をしようと思って、学校で
道具を借りてきたので、その試作ケーキを誕生日ケーキにしようかと。

ほんとは、”ホール食い” に挑戦しようかと思ったんですけど、あとが怖い。絶対後悔する。
と言いつつ、やってみようという気持ちが・・・80%ある。

ほんとは、”高級ホテルで一泊して、バスタブに浸かって贅沢気分を味わう”っていうことを
やってみようかと思いましたが、冷静に判断して却下。財布に南京錠がガッチリ。

やはり、誕生日と言えば・・・
プレゼントでしょうってことで、ジーンズを物色しに行ってきます。
高級ホテルに比べたら、身分相応なご褒美でしょ?
[PR]
by tornio | 2010-03-10 05:54 | Elämässä 生活で

すぐに忘れる。 Unohdan heti.

d0134806_484260.jpg


なんででしょうかね?数年前からの悩み・・・

やろう、やらなきゃと思っているそばから忘れる。


この前も、実習着を洗濯しなきゃな~と学校から帰ってきて、忘れないようにと実習着をわざわざ
床に落としておいたにもかかわらず、手を洗って、コーヒーを入れているうちに、見事に忘却。

コーヒーカップを持って座ろうと床を見たら、実習着が落ちてる!

“落ちてる!” じゃないよ、落したんだろうよ・・・。


トイレットペーパーが切れる!予備を置いとかなきゃな~と思って、トイレから出た途端に忘れる。
で、また入った時に思い出し、また忘れる。結局、切れてから恥ずかしい姿でトイレットペーパー
を取りにいく・・・な~んてことが、毎回。

買い物へ行く時は、必ずメモ用紙に書くんですけど・・・そのメモを持っていくのを忘れる。
ゴミを出すときは、玄関の前にどどーんと置いとく。それでも忘れることがある。

ま、今のところ重要なことは忘れませんけど、普段の生活で忘れることが多い、多い。


職場実習なんかで教わったことは数時間後でも翌日でもほとんど記憶していて、更に紙に書い
ておけば完璧に覚えているんですけどねぇ。一回言われたら、だいたいは覚えるってのが自慢。
暗記力は昔から良い方で、そっちのほうはまだ衰えてない?

ただし・・・フィンランド語やら英語の単語は頭に残らない。覚えようとしても、そばから忘れる。
って、それは覚える気がないだけですかい?


と言いつつも、大昔のどーでもいいちっちゃい事とか、逆に忘れたいような事はしっかりと山ほど
覚えてるんですよねぇ。保育所にいた時に何をして、こんなこと言ったとか、こんな会話をしたっ
て事まで、すぐ思い出せます。

何かでちらっと読んだことがあるんですけど、過去の記憶は新しい記憶で徐々に忘れていくそう
なんですが、その過去の大量の記憶が、大きい・小さい、良い・悪い構わずにずーっと残ってい
て、忘れられない記憶に苦しめられる、なんていうタイプの人がいるんだそうで。

私も実はそれに近い。良い記憶ばっかりならいいんですけどねぇ。首振って、思い出したことを
消そうとすることがしょっちゅうです。なんで忘れないのか、不思議でしょうがない。

私の脳みそは、ぱんぱんに満杯な部分と、スッカラカンな部分があるに違いない。
[PR]
by tornio | 2010-03-09 04:10 | Elämässä 生活で

やり直し・・・。 Suunnittelen uudelleen.

d0134806_5335154.jpg

卒業制作課題に、ようやく取りかかり始めましたけども・・・ここにきて、やり直すことに。

「おいおい、それは時間的にヤバイんでないかー?」

と自分でも思いますが、どうにも・・・前のプランではしょーもなすぎ?


“フィンランドの菓子・パン文化” がテーマなのは変わらないんですけど、それをどの視点から
見て、まとめあげていくかってのがねぇ・・・堂々巡り。

最初の計画では、“フィンランドの行事と結びつく菓子・パン文化” だったんですけど、どうにも
卒業課題としてはショボイ気がする。内容的には正統路線で間違いないとは思いますけども、
何がショボイって・・・

ページ数が少なくなっちゃう。(そっちかい!)


わざわざフィンランドまで学びに来て、3年間の集大成として残るもんですから、自分らしさを
前面に出した一冊にしたいわけです。

もったいないので、これまでに調べたフィンランドの行事やらお菓子の由来もどっかに入れて、
もっと楽しくて、単純で、ページ数が増えるものにします。

この課題は卒論みたいなもんなんでしょうけど、卒論は小難しくないといけない決まりはない!

ってことで、規定路線を行くのはや~んぴ。自分でやってておもしろくないし、やる気出ないし。
これまでかっこつけたものを作ろうとしてたから、まとまらなかったんだ。たぶん。

う~ん、でも、計画を変えたら作業も増えたしなぁ・・・あと2カ月弱、急ピッチで進めないと!
[PR]
by tornio | 2010-03-08 07:23 | Koulussa 学校で

スキー休暇、始まる。 Hiihtoloma alkaa.

d0134806_23534944.jpg

9日間のスキー休暇が始まりました。

昨日は、3週間に一度のヘアカット日。“ いつもよりちょい短めに切ってみよう ” と、大胆に
ハサミを入れてみたところ・・・

今日の朝、顔を洗って鏡を見たら、キューピーさんが目の前に。後の祭り。切りすぎた・・・。

って、どんだけ髪短いんだって話ですか?いえ、髪の毛はちゃんとあります。


さて、そんな寒い頭を出して買い物へ行ってきました。
天気が良い、気温が上がると言ってましたが・・・やっぱり調子に乗ってしまいました。

毛糸の帽子はバッグにしまい、クリスマスバーゲンで買ったのに、寒すぎて出番がなかった
ちょっと薄手のコートを着て出掛けてみたところ・・・

案の定、冷えた。

太陽があたっている場所は暖かいんですけど、陰は寒い。ま、当たり前っちゃ当たり前の話。
できるだけ日なたを歩くようにしてたんですけどね・・・

d0134806_0144958.jpg

雪の壁がどどーんと。これのせいで、日陰の道ばっか。
この雪の量を見たら、絶望的な気分になるのもわかっていただけます?

もう、融けるかどうかも疑わしい・・・それはあり得ない?いや、わかりませんよ。


木曜日から、トルニオの広場で “春のマーケット” が開かれているので、ちょっと寄り道して
覘いてきました。

どこの町の青空市場も同じところが・・・フィンランドらしさ?
当然、makkara (=ソーセージ) の屋台はございました。いい香りがぷわ~んと・・・でも!
わざわざお腹一杯にしてから出掛けたおかげで、誘惑に勝った!

“腹を空かして買い物行くな。” これ、鉄則。余計な物を買ってしまいますんで。

karkki (=キャンディ、グミ類) の屋台も当然。相変わらず、にょろにょろ長い物体やら、黒
やらカラフルな物体が並んでました。春なので、卵チョコもずらっと。

あとは・・・毛皮、カゴ、靴、洋服、毛糸の帽子・手袋・靴下、おもちゃ、当て物、絨毯、酢漬け、
スモークサーモン、コーヒー屋台、風船売り、などなど。

ひとつ疑問。なぜに、青空市で “ 掃除機のゴミパック ” 屋台 ???

フェルトで作った水玉のミトン手袋に目をつけたんですけど、迷い中。明日はスウェーデン側
へ買い物へ行く予定なので、もう一回見に行ってみます・・・って、決断力なさすぎ?

d0134806_2273497.jpg

トルニオ川では、運動好きのフィンランド人の皆さんがスキーウォーキング。

わたくし、人生で一度もスキー板をはめたことがございません。スケートは、ヨロヨロ程度。
フィンランド人には、

「スキーは?スケートは?やってみたら出来るって!」

なんつーことを言われますけど、生まれつきの運動音痴が “上手に滑る” のは至難の業。
滑る行為自体、心臓に悪い。

d0134806_2274643.jpg

こちらの人たちは、moottorikelkkailu モーットリケルッカイル (=スノーモービル)。

延々と、行ったり来たりしてはるだけなんですけど・・・おもろいんですかね?


“氷の道で氷が割れ、人が落ちて死にかけた。” という新聞記事を読みました。
気温も上がってきて、どこの氷が薄いかなんて素人にはわからないので、危険な川や湖
歩きはやめときます。

確実な道路の上を、自分の脚で歩く。冬はこれが一番安心。
[PR]
by tornio | 2010-03-06 23:59 | Torniossa トルニオで

だんだん・・・ Päivä pitenee.

d0134806_20514735.jpg

明るくなってきましたよ~!

毎日少しずつ・・・1日1分ずつ、じわじわと、日の入りが遅くなってまいりました。
最近は18時を過ぎても、真っ暗にはなってませんね。深い青色の空。

日の入りは、17時45分。日の出が、7時26分。

この時間、毎日1分ずつぐらいで遅くなり、早くなっていくわけですが・・・

「とっとと5分ぐらい一気に進んじゃいなよ。」

だって、これからまだ寒さに耐え、4月まで雪とお付き合いしなきゃならんことを考えれば、
明るさぐらいしか希望がないんですから、それぐらい好き勝手言わせて。

寒さと雪から解放される時期はいつになるやらハッキリしませんけど、明るさだけは確実。


なんですけどね~、子供よりも早い時間に寝ている私は、損している気がする。

就寝は18時30分。起床は午前2時すぎ。暗闇でゴソゴソ動き始めるのも、12月の頃と
何も変わらない。これからどんどん明るくなっていくのに、その明るさを遮断して寝ないと
いけない・・・。ま~これから、その明るさにも悩まされるんですけど。


今日、ふと鏡を見たら、“透き通るように白い肌” でなくて、“不健康な青白い肌” の自分
に驚きました。“色白美人” だったらありがたいんですけどね、ただ生っちろいだけで。
顔から足まで白すぎて・・・なんかボヤ~ッと太って見える。

“実際に太ってるんじゃ?” とかって言う意見には・・・耳、貸しません。
ほら、白より黒の服のほうが細く見えるってやつですよ。そうそう。

これはたぶん・・・いや、確実に、太陽不足のせい。


スキー休暇中は、北部では天気が良いみたいなので・・・

太陽の光を浴びに出なければ! ( え?なんか違う?)

ついでに、気温も-10℃を上回るようで・・・調子にノっちゃうよ?
[PR]
by tornio | 2010-03-04 22:29 | Torniossa トルニオで


トルニオでパンとお菓子を学んだ留学奮闘記


by tornio

プロフィールを見る
画像一覧

最新情報

続・芬闘記(更新中)

フィンランドカフェ芬闘記

(トルニオ芬闘記から約7年、
再び芬闘中です。)

カテゴリ

全体
お知らせ
Suomessa フィンランドで
Torniossa トルニオで
Leipomossa 実習で
Koulussa 学校で
Elämässä 生活で
Ruoat たべもの
Suomen kieli フィンランド語
Minusta "私"って
Japanissa 日本で
Matkalle 旅へ
Haminassa ハミナで
未分類

以前の記事

2017年 02月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧