<   2009年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

パスハ型 Pashamuotti


d0134806_1653267.jpg

さて、これは何でしょうか?


と問題を出したところで、タイトルでバレてますが。

Pääsiäinen (=復活祭) のときに作るお菓子、Pasha パスハ
の木型です。

先週末、2ユーロでアラビアのマグカップを売っていたスーパーへ
行ったら、またまた2ユーロ!で大安売り。
台所用品セールをやっているようで、意外な掘り出し物がポツポツ。

パスハの木型なんて、作ろう!買おう!と決めて探すような物です
から、たまたま見つけたときに2ユーロならば、ここで買わなきゃ
いつ買うよ?と飛びついちゃった。だって90%OFFですもん。

まぁ、もっと素晴らしいお値段の木型は、素晴らしい品質で長持ち
するんでしょうけど...そこんとこはね。
どこにでも売っているデコ缶やらを買うのとは違うので、こういう
特殊な物を持っているだけで満足。


2年生の4学期に "食品製造技術" の実習で、誰かがパスハを作っ
たんですね。それが学食のデザートで出されていて、早い者勝ちで
食べられたんですよ。今まで写真で見たことはあっても食べたこと
がなかったので、慌てて取りに行きました。たっぷりこんもりと。

むちゃくちゃ甘かったんですけど、濃厚なレアチーズケーキみたい
でおいしかった~。あ~パスハってこんなお菓子だったのかと感激。


d0134806_17581486.jpg

クリーム、卵黄、砂糖、ラハカ、アーモンド、レーズン、レモン汁
などを混ぜ合わせて、濡れ布巾を敷いたパスハ型に流し入れ、重石
をして、一日冷蔵庫で余分な水分を抜いたら出来あがり。

カロリーは恐ろしく高いな~...ん~でも、おいしいから食べちゃえ!

ってなる。濃厚だからとちまちま食べるより、ガツンと食べたほう
が逆に食べ過ぎなくていい。





[PR]
by tornio | 2009-08-30 18:28 | Suomessa フィンランドで

チョコ絵画 suklaamaalaus


毎週火曜日はまるまる1日、"色彩構成" の実習です。


先週は pupu (うさぎ) を描いて、色付けまでしたんですが...
最後に割れた。

2作目に maanviljelijä (農場の人)の輪郭まで描いて終了。

で、今週。
"農場のおじさん" をとっとと仕上げるつもりが、何だかノリに
ノッちゃって、大作に。


d0134806_255387.jpg

おじさんの部分はイラストを下に置いてトレース描きしましたが、
背景は直描き。

おじさんだけにしようと思ったんですけど、手に持っている熊手
みたいなやつ?が確実に割れるだろうと予想、背景を入れました。

フリーハンド、その場の思いつきで描くのは苦手なんですけど...
案外、雰囲気が出た?

とにかく、お絵かき感覚で楽しかったです。
おじさんも楽しそうに見える~。

で、修理した pupu


d0134806_2304771.jpg

雑誌の隅っこに載っていたイラストで、本当はイースターの卵を
持っていたのをキノコに描きなおしました。
季節柄、キノコだろうってことで。

小さいイラストだったので、別の紙にフリーハンドで拡大して描
いていたのを眺めていた先生が、感心してくれました。
ええ、昔から真似して描くのだけは手慣れたもんで...えへ。

どっちのイラストも私好み。
シボレー制作よりも、よっぽどか楽しかったです、正直な話。


さー!売店へ持って行って、帰ろーっと!と、実習室のドアを開
けた瞬間...

ボトッ。


ひえぇぇぇーーーっっっ!!!


自分の荷物も一緒に持って行こうと、バインダーの上に乗せた
pupu が落下...。首と胴体、まっぷたつ。

ずぼらするとこうなる。

結局、再び pupu は修理待ち。

なんじゃ、そりゃ。





[PR]
by tornio | 2009-08-29 03:05 | Leipomossa 実習で

チョコプレート suklaakoriste


d0134806_292362.jpg

なんじゃ~こりゃぁ~?!

な完成度なので、小さい写真でごまかす!


先生から、

「これ、ウェディングケーキの飾りにしたいらしいんだけど、
 チョコレートで作ってみる?」

と聞かれ、どんなかな~?とプリントを見ると...シボレーマーク。

???
ウェディングケーキにシボレーてか?
他人の趣味にとやかく言う権利はないけど...それって、どうよ?

先生の推理じゃ "カーマニア" だそうですが、え?どっちが?
お嫁さん?ダンナさん?夫婦で?

片っぽがマニアなら、もう片っぽはドン引きじゃないの?幸せだから
気にならない?etc...想像し始めたら、どんな新郎新婦か見てみたい。

依頼にも、なんじゃそりゃぁ~?!な一品。

ついでに、フィンランド人の発音する「シェヴロレ」にも、
なんじゃそりゃ~!?


木曜日に1回目を作り、見事に失敗。シボレーマークの左右が逆に。
文字の逆は気づいてたのに、マークは最後に気付いた...。
アホとしか言いようがないです。

で、今日が期限の2回目。
数々の失敗、不満箇所を修正したつもりなんですが、それでもポロポロ
と同じような失敗が現れ、悔しいなぁ~。

本物のシボレーマークはゴールドとシルバーなんですけど、チョコでは
表現できなかったので、ホワイトチョコにチョコレート用の色粉を混ぜ、
黄色と水色に。金属っぽい雰囲気を出したかったんですけど、グラデー
ションじゃ無理でしたね。

遠目に見てもイマイチだわ。

これを飾ったウェディングケーキとやらを見たい気もするけど、
見たくない気もする...。





[PR]
by tornio | 2009-08-22 03:31 | Leipomossa 実習で

季節外れのピパルカックタロ piparkakkutalo kesällä


d0134806_19181838.jpg

おそろしく季節を無視した、ピパルカックタロ。
実はこれ、私の姪っ子の作品。

私が夏休み帰国しているからと、小学2年生の姪に...いや、半分は
彼女のママに、"夏休みの宿題" のためにクッキー作りを教えて、と
頼まれました。

ママ  「ちょっと難しいものがいい。」
姪っ子 「フィンランドのクッキーがいい。」
私   「フィンランドのクッキーでむずかしい?・・・。」

考えた末、もうコレしかないだろうと。"フィンランドのクッキー"
と言われても、実際のところ...ない。ママがフィンランドのじゃな
くてもいいやんと言ったら、姪っ子はフィンランドのがいい!と。
一度決めると頑固で。


まずは、家の型紙作り。
家の抜き型を持っていないので、段ボールを利用して、厚みのある
しっかりとした型を作りました。包丁で切る時に危なくないように。

子供の手先じゃ複雑な家は建てられないし、根気が続かないだろう
と単純な家に。

模造紙に作り方を書いて学校で発表するということで、後から見て
もわかりやすいレシピと作り方のカードを用意。


d0134806_19493572.jpg

学校のレシピを選んだんですが、tumma siirappi をどうするか?
で困りました。siirappi が一番簡単で確実ですが、日本にはない。

モラセスで代用できるかと探しても、お店にない。
ハ〇ズの店員さんは、聞いたことがないって言いましたからね。昔
は専門知識がある人もいたし、珍しい材料もあったのに...。

結局、黒砂糖からシロップを作ったんですけど、ちょっと味が違う
んですねぇ。シロップ濃度も違うので、ちょっとやわらかい生地に
なってしまいましたし。

ま、でも、よく似たものは出来ました。
生地は寝かせる必要があったので、前日に私が作っておきました。

1週間前には姪っ子へ、お菓子の家作り体験の招待ハガキを出して
おきました。演出は子供にとっては大事ですからね。


で、当日。クッキー生地を伸ばすところからスタートしたんですが...

日本の猛暑30度以上の部屋で作っているもんだから、生地が扱い
にくいったらありゃしない。(クーラーがないもんで。)
子供のスピードではどうにもならなくて、結局簡単なところだけを
任し、ほとんどが私。

焼いたあとは組み立て。
カラメルでくっつけていくんですが、これもスピード勝負。高温で
危ないのもあって、ほとんど私。

その結果、姪っ子は一番楽しみにしていた飾り付け専門。
メレンゲを舐めつつ、グミやラムネを食べつつ、好き勝手にやって
ちょうだいと任せました。

っつーか、ほとんど食べてばっかり。
甥っ子も横からつまみ食いとちょっかい出しで、強制退去。
しゃーないですわね、子供だから。

みんなから「これ、あとで食べられる?」と聞かれたんですけど、
いや、やめといたほうがいい、と固く禁止しておきました。

メレンゲを使っていますし、姪が舐めまくった手で作ってますし、
極めつけは猛暑。

絶対、腹こわすよ。


機嫌良く作り終えた姪っ子は、ママから

「ちゃんとノートに書いとかなあかんよ!」

と言われ、次の予定 "じいちゃんと一緒に凧作り" イベントのため
にチャーッと終わらせてました。

おいおい、ちゃんと書いたのか~?


教訓。
日本の夏には piparkakkutalo を作るべからず。
クッキーはすぐに湿るわ、カラメルは溶けるわ、飴やチョコは使え
ないわ、飾るものなのに、飾れるのは冷蔵庫内のみって...。

カラメルが溶けたのには驚いた。
どんだけ暑いんだよ、日本て。





[PR]
by tornio | 2009-08-19 20:47 | Japanissa 日本で

快適な靴。 mukavat työkengät


先週末、

どう考えても...もう無理!

と我慢の限界がきたので、靴を探しに行きました。


d0134806_216879.jpg

ここ最近流行っている?流行っていた?メーカーのもんではありません。
99kr の安物。

スウェーデン側にはフィンランドよりも安い靴屋さんがありまして、品質
に関しては値段相応、もしくは見合わないレベルですが、履きつぶすには
手頃で良い Skopunkten

このサンダル、外で履く用ではありません。トルニオでサンダル履きだと、
指が紫色になってしまいますので、夏靴は一足も持ってません。

これは、実習靴。

我慢の限界がきた実習靴が コレなんですが、とにかく、重いんだわ。
見た目カッコよくても、重すぎ。しかもサイズが小さくて...って、そりゃ
自分のミスなんですが。

自分のサイズが 37?38?39?24.5cm?どれ?ってなもんです、
これを購入した入学当時は。

ヨーロッパサイズはcm でナンボ?なんてわからん。
あてずっぽうで37を発注。


d0134806_21372918.jpg


かかとにひっかけられるようになってますが、ひっかけて履くとキツくて、
親指が痛い!!

なので、つっかけサンダルのように履いてたんですが、靴自体が重いため
パッコンパッコンと歩きにくいわ、スポッと脱げるわ、足に負担がかかり
すぎるわ、実習終盤は歩くのもイヤになるぐらい。それに足元がダラ~ッ
とゆるいと、態度も動きもゆるくなりがち。

すんごいいい値段 (50ユーロぐらい?)で買わされたので、我慢して
元を取ろうと2年履きましたが、さすがにもうセコイ考えはやめようと。
見た目は好きなんですけど。


履きかえた靴は軽いし、痛くないし、ぴたっとフィットして走るのも余裕
のよっちゃん。

安全性にはちょっと問題アリかも知れませんが、なんせあと何カ月の使用
ですから。それより、実習後の脚のむくみもマシになりましたし、動きも
見違えるように機敏です。

やっぱ、足元は大事。





[PR]
by tornio | 2009-08-18 22:43 | Leipomossa 実習で

マグカップ、激安。 Arabian muki 88% alennus


d0134806_1534840.jpg


スーパーへ買い物に行ったら、おどろきの

2ユーロ!!??

で売ってたので、買っちゃった。


2008年のシーズン商品らしいんですけど...

とりあえず Arabia ブランドなのに?
ここまで値下げしちゃっていいんですか?

という値段。

大学帽をかぶったウサギがデザインされているので、Ylioppilas
いう名前のマグカップ。高校卒業や大学入学祝いのプレゼントとかを
目論んだデザインでしょうか。


デザインに関しては、私が持つにはかわいすぎ、優しすぎる絵柄なん
ですけど... lakki(=大学帽) の絵柄がフィンランド的だったので
買いました。

それよりもポイントが高いのは、このマグカップの大きさと質感。
なんか、これで飲みたいっていう気がした。


d0134806_2273482.jpg

前々からアラビアの Teema シリーズとかムーミンシリーズのマグ
カップの大きさや陶器の厚みが程よくて良いな~欲しいな~と思って
いたところに...同じタイプが2ユーロで手に入るとなれば、即決。


予想通り、コーヒーでも紅茶でもお茶でも、ちょうどいい量。
カップの縁も薄くて口当たりが良いので、おいしく感じます。

ただ、何となく。





[PR]
by tornio | 2009-08-16 03:05 | Elämässä 生活で

ベリーケーキ第2弾。 Vadelmaleivos


d0134806_4432088.jpg


第2弾は、Vadelmaleivos (=ラズベリーケーキ)。
      ヴァデルマレイヴォス


イチゴのケーキと同じ作り方です。
ムースの味がラズベリー。ラズベリーは冷凍のもの。

シンプル イズ ベスト。

イチゴのケーキも、ラズベリーのケーキも輝いて見える...。

眺めているだけでも楽しいケーキです。





[PR]
by tornio | 2009-08-15 04:42 | Leipomossa 実習で

イチゴの季節 Mansikkaleivokset


学校が始まって3日。
早起きがツライ。


3年目初っ端の授業は "企業と顧客サービス" という、私にはとても荷が重い
授業の予定だったので、その覚悟をしていたのに拍子抜け。
それは2学期だそうで。

1学期は実習授業ということで、さっそく木曜・金曜と実習してきました。

今、フィンランドは生のベリーが手に入る時期で、実習室にもラップランド
産のイチゴやブルーベリーがあるので、隙を見てつまみ食い。

イチゴの大きさは不揃いですが、それがいかにも "自然の中で育ちました~"
という感じでおいしそうです。色も味も濃い。指先も赤く染まります。

木曜日には、そのイチゴを使って Mansikkaleivos マンシッカレイヴォス
作りました。


d0134806_4185278.jpg

この季節には、お菓子屋さんのショーケースに必ずあると言っていいケーキ
ですね。スポンジケーキの間にムースを挟み、イチゴを丸ごと並べてゼリー
をかけるというのが一般的じゃないでしょうか。

旅行者としてフィンランドに来ていた時、このケーキにあこがれました。
日本じゃ単純すぎて、何の飾り気もなく、振り向いて貰えないケーキかも知
れませんが、このわかりやすさが美味しいんです。

あこがれのイチゴケーキを作れる立場になって、すごい幸せを感じました。
今日、売店を見に行くと、48個のイチゴケーキがほとんど売れてました。

フィンランド人もこの季節のイチゴケーキは特別、魅力的なんでしょうねぇ。





[PR]
by tornio | 2009-08-15 04:35 | Leipomossa 実習で

3年目 Koulu alkaa.


d0134806_1623241.jpg


今日から3年生になります。
9時から新入生が入学式、2年生と3年生は11時登校です。


昨日の夜は3つぐらい夢を見たんですが、どれもこれもロクな
ストーリーでなく...どっちかと言うと、いや、どっちかと言わ
なくても...悪夢。発表できないくらいに。

結局、最後の夢を見終わって目が覚めると、8時!!
寝過した~っ!!


最後の1年は、私にとってはたいへんな1年になりそうです。
授業の内容が。

頑張るつもりではいますが、どこまでその気持ちを保てるか...
予測不可能。

とりあえず努力して、卒業の頃には自分の人生の先が決まって
いるようにしたい。

行ってきます!





[PR]
by tornio | 2009-08-12 16:13 | Torniossa トルニオで

スコーン Skonssit


d0134806_451389.jpg


朝ごはん用にと、スコーンを作りました。


もともとパンが好きじゃないのに、朝は時間がないからと手間のかから
ないパンを食べてきましたが、フィンランドで粉モノ料理ばかり食べて
いるせいか、本当に心の底からパンを食べるのがイヤになってきました。

でも、朝ごはんを抜くのは良くないと言うし、とりあえずパン以外なら
まだ食べられそうってなことで、作り置きできるスコーン。
同じ粉モノ、パン系なんですけどね...イーストパンじゃなければいい。


大昔に読んだ「イギリスはおいしい」という本にあったレシピを愛用。
スコーンがざっくりと口を開けると成功だと書いてあったので、いつも
口を開けるかどうかドキドキ。

今回、久しぶりに作ったんですけど、ちゃんと開きました。皮はサクッ、
中はふんわりしたスコーンが出来て満足。

しばらくはパンを買わずに、スコーンを朝ごはんにしようと思います。





[PR]
by tornio | 2009-08-10 23:59 | Ruoat たべもの


トルニオでパンとお菓子を学んだ留学奮闘記


by tornio

プロフィールを見る
画像一覧

最新情報

続・芬闘記(更新中)

フィンランドカフェ芬闘記

(トルニオ芬闘記から約7年、
再び芬闘中です。)

カテゴリ

全体
お知らせ
Suomessa フィンランドで
Torniossa トルニオで
Leipomossa 実習で
Koulussa 学校で
Elämässä 生活で
Ruoat たべもの
Suomen kieli フィンランド語
Minusta "私"って
Japanissa 日本で
Matkalle 旅へ
Haminassa ハミナで
未分類

以前の記事

2017年 02月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧