<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ドーナツマイスター Donitsin mestari ?


d0134806_1551081.jpg

työharjoittelu (テュヨハルヨイッテル) =職場実習 も残すところ、
あと1週間です。

今日は、スーパーマーケットからの注文ドーナツがいつもより多くて、
朝から4時間、ドーナツ専従。

ドーナツを作るときには、分量を

iso (イソ) =大
pieni (ピエニ) =小

と言って区別していて、今日は iso を3回、pieni を1回。
普段は、カフェに出すだけなら pieni だけで十分。注文がある日は
iso pieni を1回ずつで、合計160個ぐらいのドーナツを作り
ます。が、今日は倍以上の注文数で300個以上は揚げました。

さすがに全身からドーナツ臭が…。

シンプルなリングドーナツなんですけど、シンプルだから難しい。
失敗が隠せないんですよねぇ…。なので、ドーナツを300個揚げて
も飽きません。

きれいなリングにならない、
大きさが均一じゃない、
色が均一じゃない…
などなど。

ロスを出来る限り減らそうというのを目標に、毎日ドーナツを揚げな
がら研究してきました。目指すドーナツがいっぱい出来た時なんかは、
心の中でガッツポーズ。職場実習も終わりに近づいてきた最近、よう
やくドーナツ製造のコツがつかめてきました。

と言いながら、写真のドーナツは失敗作。あは。

ちっちゃい目標ではありますが、"明日はこうしよう、ああしよう"と
考えて、次の日にその目標を達成できるよう目指す。そういう毎日は
楽しいし、おもしろいですね。

努力しても、なかなか上手くいかなくて落ち込む…

なんつーことは日常茶飯事。
そこは、よっしゃ!やったる!と負けず嫌いを発揮して、さらに努力
と研究です。

最後の1週間、弱点・鬼門のケーキをクリアーできますように。





[PR]
by tornio | 2008-09-27 04:52 | Leipomossa 実習で

欠かせません。 varsin tarpeellinen laite


d0134806_1434445.jpgd0134806_14341753.jpg

左が、フィンランドの電子辞書。
右が、日本の電子辞書。


フィンランドの電子辞書は、フィンランド語 → 英語、英語 → フィンランド語
で引くことが出来る代物。
他の機能は、電卓・通貨換算・単位換算・電話帳機能・メモ機能、ゲーム。
おもしろいのが、時代を映す "ユーロからマルッカ" への換算機能。

実際のところ辞書以外の機能を使うことは、ほっとんどありませんが。


買った当時でも1万5千円以上はしたような記憶があります。
その頃はフィンランド語を勉強できる本や道具は何でも欲しかったんですね~。
振り返ってみると、高いだけでほとんど役に立っていない物も多いってのが…
痛い。

いや、痛い失敗をしているうちに、使えそうな教材を見つける勘が鍛えられる
んです!と強がってみたりして。

このフィンランド製の電子辞書、とにかく電池食いなんですよねぇ。
ボタン電池3個も使うくせに、あっという間に無くなる。なので、ふんだんに
使いづらい電子辞書なんです。ほんと、何個電池があっても足りねー!

重たい本の辞書と違って、持ち運びが楽チンなのが電子辞書の売りですからね、
これももちろん旅行のときには活躍しました。(過去形)

が、とにかくコレは画面が小さい上に、文字が大きく、読み難い。改行が多い
と言うんですかね?文がブチブチ切れるせいでスクロールしまくっているうち
に電池が切れる。旅行中にわからない簡単な単語を調べるのには最適。
でも、勉強には不向き。

"フィンランド語の辞書は、本の辞書が一番"
という結論に至りました。


さて一方、日本の電子辞書ですが…やはり雲泥の差。勉強でも大活躍。
フィン英で調べたら、次は英和で調べる。和英で調べたら、英フィンで調べる。
勉強のときは千手観音のよう。

例えて言うなら、

フィンランド製はポケットベル。
日本製はパソコン。

私のイメージはそんな感じ。
いや、でも日本の電子辞書ではフィンランド語を調べられないので、その価値
はフィンランド製のほうが高い。日本でフィンランド語が調べられる電子辞書
があったらなぁ~なんて妄想も幾度となく。その技術を、ぜひフィンランドに
輸出して欲しいと思ってしまう。目の前に電子辞書を二つ並べると。

で、最近、別の外国語を勉強し始めたので、さらに日本の電子辞書が手放せな
くなりました。このメーカーの電子辞書はコンテンツを追加できるので、日本
帰国中に新たに辞書を追加しておいたんです。これだけですごい機能ですよ!

本の辞書を買おうかと迷ったんですけど、"本は発音してくれない" というその
一点で決まり。何冊も重たい辞書を持ち歩かなくていいわ、しゃべってくれる
わ、夢のような機械。

フィンランド語の勉強には教材探しから苦労したのに、日本でメジャーな外国
語を選ぶと、こんなに楽チンなの?!こんな贅沢なの?!豊富にある選択肢に
感動ー!

ま、でも選択肢が多いと逆に浮気性になってしまいそうなので、早めに長く付
き合える1冊を見つけないと…。この点、フィンランド語は浮気できなかった
ので良かった。


大昔、英語の先生に言われた言葉。

「小さい辞書は、もうその言葉を使える人が持つもの。
 まだ勉強している時は大きい辞書を持たないとダメ!」

電子辞書は……いいですよね?





[PR]
by tornio | 2008-09-20 17:18 | Suomen kieli フィンランド語

秋が来た Syksy on tullut.



d0134806_13413411.jpg

来ました、短い紅葉の季節。

フィンランド語では紅葉の季節を ruska ルスカ と言います。
フィンランドと言えば "夏か冬" みたいに言われますが、短くても
"春と秋" もちゃんとあります。

トルニオでは4月頃まで雪が残っていますし、気温もまだまだ低い。
完全な春の空気は5月ぐらいにやってきて、6月にはもう夏。
まぁフィンランド人は無理矢理にでも春の訪れを "演出" して、無理
矢理にでも夏にしてしまうんですけど。

フィンランドの紅葉は、ほんと、あっという間に始まって終わります。
先週、葉が色づいてきたね~と思っていたら、翌週には紅葉が全域に
広がっていた…というように1週間ごとに季節が進むような感じです。

実際に、職場実習先と家を往復する5日間を過ごしていたら、すでに
秋景色。ついでに明るさは毎日!驚くべき変化で暗く、暗く…。

短いルスカを楽しまなきゃ、本当に "夏か冬" の生活になってしまう!
と言っても、私の中では "秋か冬" しかない1年間なんですけど。

ルスカが終われば、いよいよ冬です。

"暖かい秋なら、冬が遅く訪れる"

トルニオ人はうれしそうに言ってました。


私は、フィンランドの夏もきれいだと思っていますけど、好きなのは
秋から冬。町の雰囲気が落ち着いていて、だんだん家に明かりが灯り
だして、外は寒くても家は暖かい。

そういう温かい町の景色が好きです。
夏以上にきれい。

秋 (10月~11月) と真冬 (1月~2月) は航空券も安くなる時期
ですし、普段のフィンランドを味わえて、紅葉も雪景色もきれい。
私はシーズンオフをわざわざ選んで旅行していましたね~。

以前、10月下旬~11月にかけてヘルシンキでフィンランド語講座
を受けるために1ヶ月ほど滞在していた時は、ルスカと吹雪の両方を
数日間で楽しめました。

ついでに、サンタクロースが元老院広場でクリスマス到来宣言!!の
イベントもなかなかおもしろかったです。

でも…今じゃヘルシンキの雪景色を見るのは "運" なんですかね?
フィンランドで雪を見たいなら、北上すれば確実です。





[PR]
by tornio | 2008-09-13 15:40 | Torniossa トルニオで

ケーキコンテスト kakkukilpailun tulokset


参加してきました、ケーキコンテスト。

11時にクラスメートが車で迎えに来てくれることになっていたので、
私はその前に、頼まれていた材料と道具を学校まで取りに行ってから、
待ち合わせ場所へ。

食品メッセはトルニオから車で20分ほどの場所で開催されました。
開催される直前に、地元の無料新聞を読んでたところ…

"食品メッセには行きますか?"

という質問に、町の人は

"車を持ってない、交通手段がないから行かない"

と答えてましたので、それには私も "そりゃそうだ" と素直に納得。
そんな辺鄙な場所でやらなくても…と思うんですけど。

会場に到着すると、予想外に来場者が多くてちょっとびっくり。
来る人は来るんですね~、やっぱり。駐車場の横は乗馬センターで、
周りは湖。会場の入り口横で kirjolohi キリヨロヒ = ニジマス が
釣れるしょぼい釣堀で楽しむ人たちがいました。

こういうゆる~い雰囲気がフィンランドらしい。
フィンランドへの愛情がぶわぁ~っと溢れ出す瞬間です。


さて、コンテストですが…

トイレで着替えたら、さっそくコンテストの準備。自分達が使う道具、
材料などをテーブルに並べ、段取りを確認。ブース前もだんだんと人
が集まってきて、司会者が何やら紹介を始め…

いつの間にやらコンテストがスタート。
皆が焦ったように動くなかで、私だけが頭もボーッとしていて動きが
鈍かったような。

失敗し続けたムースのケーキで本番に挑むというのは不安でしかなか
ったんですけど、ゼラチンは最適だと判断した量だし、段取りも役割
分担も頭に入ってるし、あとは出来るだけ早く冷蔵庫で冷やそう!と
確認をしました。

4回の練習のおかげで作業はスムーズに進み、あとは肝心のムースが
ちゃんと固まってくれるのを祈るのみです。

ムースを冷やしている間にパイピングチョコで飾りを作って、最後に
上に流すゼリーの準備をしつつ、ちょい休憩。

終了10分前に冷蔵庫からケーキを取り出し、ゼリーを流し、ベリー
類を飾り、チョコレートをのせて完成~!

型からはずしても、悲しいケーキにはならずに済んだのでホッと安心。


作っている間は目の前で来場者が覗き込み、じーっと見られながらの
作業だったので、チョコレートを絞るときは手が震えてしまいました。

今日のコンテストで作ったケーキの写真は撮れなかったので、前回の
練習で作ったものですが、雰囲気はこんな感じ。


d0134806_554960.jpg

肝心の結果はというと…

めでたく優勝!

名前を呼ばれたときは、もちろんうれしかったんですけど…
フィンランド人に囲まれ、人前で注目されている状況は逃げてしまい
たいほど苦痛でした…。こういう目立つことは出来るだけ避けたいと
思って生きてきたんです、小さい頃から。

裏方に徹したい性格には向いていないとつくづく思いました。
はぁ~、終わって良かった。


d0134806_5275770.jpg

優勝賞品の 中華なべとシャワーソープ

…ってどういうチョイス?

う~ん、独り身にこんなでっかい中華なべ…記念に飾っておきます…。





[PR]
by tornio | 2008-09-07 05:56 | Koulussa 学校で

スウェーデンへ Ruotsiin.


職場実習のお店で見ていた新聞にスウェーデンのスーパーの安売り情報
が載っていたので、ちょっとスウェーデン側へ行ってきました。

今まで行ったことのなかったスーパーだったので、ちょっとわくわく。

自転車でチャーッと行けると言っても、そこはスウェーデン。
商品名はスウェーデン語、値段はクローネ。

このお隣ハーパランタ地域だけはユーロもフィンランド語も通用します
けど、やっぱりちんぷんかんぷんな場所になるわけで…。

が、今日のスーパーはユーロとフィンランド語表示あり!これは有難い。
我ながら、フィンランド語かスウェーデン語かの二者択一が可能という
ことに、ふと感心してしまったりして…。たまには自惚れたい精神状態。
ま、スウェーデン語のみになればお手上げなのは言うまでもなく。


さて、今日の収穫。

トイレットペーパー 8ロール入り 11.90クローネ (1.30€)
ジャム 450g 10クローネ (1.10€)
おかき 2袋  10クローネ (1.10€)

トイレットペーパーが1.30€ は破格のお値段!素晴らしい!!
いつも買っている最低ランクのトイレットペーパーもどんどん値上がり
していて、頭のイタイ問題だったわけですが、これで一安心。

流して消えてしまうものに3枚重ねだのソフトタッチだのとこだわれる
立場ではないのです。安いが一番!
これからトイレットペーパーはスウェーデンで買おうっと。

そして、どんなもんかと恐る恐る買ってみたコレ。


d0134806_1525122.jpg






"Japansk mix"
という名の、おかき。








日本のメーカーのおかきには勝てませんが、フツーにおかきの味で満足。
日本から持ってきたおせんべいは大事に食べたいので、普段ぽりぽりと
つまむのはコレで。食料を日本から送ってもらうのも馬鹿になりません
からねぇ…。

職場実習が始まってからの日々、試食でケーキをかじり、休憩の時には
ドーナツを食べているような毎日なので、家ではバターやらチョコやら
クリームやらを使っていない甘ったるくないおやつが欲しかったんです。

こっちでおやつと言えばクッキーだのチップスだのチョコレートだのと、
肥満一直線。あぁ、和菓子が恋しい。


去年の冬に、自転車で買い物に行く苦労をこれでもかというぐらい経験
したので、今年は徒歩圏内のスーパーで出来るだけ用を済ませるために
スウェーデン側をもっと偵察しに行かないと。

それにスウェーデン側の方が品数も豊富だし、フィンランド側では見た
ことない商品もあるし、パッケージも洒落てる気がするので、しばらく
は楽しめそうな予感。

むふ。





[PR]
by tornio | 2008-09-07 02:49 | Torniossa トルニオで


トルニオでパンとお菓子を学んだ留学奮闘記


by tornio

プロフィールを見る
画像一覧

最新情報

続・芬闘記(更新中)

フィンランドカフェ芬闘記

(トルニオ芬闘記から約7年、
再び芬闘中です。)

カテゴリ

全体
お知らせ
Suomessa フィンランドで
Torniossa トルニオで
Leipomossa 実習で
Koulussa 学校で
Elämässä 生活で
Ruoat たべもの
Suomen kieli フィンランド語
Minusta "私"って
Japanissa 日本で
Matkalle 旅へ
Haminassa ハミナで
未分類

以前の記事

2017年 02月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧