<   2008年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

すいません Anteeksi.


更新しないままで…。


今学期中…今週中、いや、明日には課題を提出してやる!


イースター休暇にサボったせいで、休暇明けからずーっと商品包装の課題と
格闘しております。

まだやってたんかい!っていう感じですが、最後に残した2つの課題…。
やっぱり、やりたくないものから片付けておくべきでしたよ…。

先生に、イースター休暇は何をするの?と聞かれ、

「もちろん、課題。でないと、間に合わない。」

と先生に言うと、

「今学期中でなくても、最後の学期の間に出してもいいのよ。」

という返事が。

"うおっ、そうなん?じゃ、楽勝や~ん!" と甘えたのが悪かった。
先週、後悔の嵐。


今学期中に出せばいい、と課題を渡されて8週間。悪戦苦闘していることを
アピールして、来学期中にと延長を許可された…よく考えてみると、悔しい
んですよね。

フィンランド人じゃないからとか、フィンランド語ができないからっていう
ことを言い訳にして甘えるのが。くっそ~!って思うんですよ。なので、

絶対に、期日までに書ける限りのことを書いて提出してやる!

と決めたわけです。


今日は13時に終わるので、帰ってから最後の追い込みです。

残り、あとひとつ以下。


まともなブログの更新も、もうすぐです。




[PR]
by tornio | 2008-03-31 13:45 | Elämässä 生活で

イースター料理 pääsiäisruoat


フィンランドでのイースター料理と言えば…

mämmi マンミ と pasha パスハ です。


mämmi は、大麦とライ麦を湯に浸し、暖かいところに数時間放置して、
粉から甘みを引き出します。

塩や橙の皮で味付けし、tuokkonen トゥオッコネン という樺の木の皮
で作られた型に入れて、150度ぐらいのオーブンで3時間ほど焼きます。

2~3日置いたマンミを食べるのが一番おいしいそうです。

マンミの見た目はグロテスク…。フィンランドには黒い食べ物が多いんで
すけど、マンミもまた黒い。実は、一度も食べたことはありません。材料
からして食べる勇気がない。ドロッとしたペースト状の黒い物体で、砂糖
kermamaito ケルママイト という、牛乳とクリームを半分ずつ混ぜ
たソースのようなものをかけて食べます。


d0134806_042685.jpg


pasha は、maitorahka マイトラハカ、クリーム、バターが主な材料
で、レーズンやクラッシュアーモンドなどを混ぜ、ピラミッド形の木型に
入れて作られます。これはロシアから伝わったイースター料理です。

木型には、十字架や宗教的な意味を持つ印が彫られていて、型から出した
パスハの模様になります。私は実際に見たことがないので、もちろん味も
わかりません...。


d0134806_0504037.jpg


maitorahka マイトラハカ というのは、無脂肪乳を乳酸発酵させて作
られるものです。見た目はヨーグルトのようですが、ちょっと粘りのある
フレッシュチーズです。ラハカは味のないものとフルーツなどの味付けを
したものがあって、デザートとしても食べます。

パンやお菓子のフィリングにも使い、料理のソースとしても使います。
実習でもよく使うんですけど、どうもあの発酵させたにおいが…。フィリ
ングとして焼いたラハカもなんか苦手な食感。ボソボソとしてて。

piimä ピーマ という酸乳がありますが、フィンランド人はよくあんなに
酸っぱいものを飲めるな~と感心。食堂でも牛乳のほかにピーマが置いて
あって、学生達はグラスを何個もトレーにのせてますからね。健康に良い
と言われても、無理です。

フィンランドには未知の乳製品が多くて、私には区別がつきにくいんです
よね。どれも同じ白い物体で、似たり寄ったりの味で…。


話が逸れました。


この二つがイースターの代表的な料理です。写真がないので、イラストで
イメージしてもらえれば。


春にはほど遠~いトルニオですが、明るい時間が驚くほど長くなってきた
ので、近づいてきているのかな~と前向きに考えつつ外を見るとガックリ
肩をおとす...。


この前、先生に 「何で雪が降るんだー!」 と言うと、

「 "新しい雪が降ると、古い雪が死ぬ" とフィンランドでは言うのよ。」

日本じゃ雨が降るたびに春が近づくと言うけど、フィンランドは雪だそう
です。

ほんまかいな。

じゃ、雪にはどんどこ降ってもらいましょう。
その先に明るい春が待っているんなら、ガマンしてあげます。




[PR]
by tornio | 2008-03-23 01:22 | Ruoat たべもの

春とイースター Suomen kevät ja pääsiäinen


金曜日から4日間、学校は

pääsiäisloma パーシアイスロマ = イースター休暇

です。イースターという行事は全く馴染みのないものですけど、休みになること
は嬉しい。

さて、休暇が始まる前の実習ではフィンランドのイースターと春を象徴するお菓
子を作りました。


d0134806_1164488.jpgd0134806_117114.jpg


左はオレンジとリンゴのジャム、生クリームを挟んで、ホワイトチョコレートで
コーティングしたケーキ。右はケーキと同じジャムを挟んで、チョコレートがけ
したクッキーです。

チョコレートで描いた絵は "猫柳" です。
フィンランド語では pajunkissa パユンキッサ と言います。
paju は柳、kissa は猫 の意。

そして、フィンランドの春の色である黄色を使って華やかに。

フィンランドでは、猫柳は春の訪れを象徴する植物で、このイースター時期には
卵、ヒヨコ、ニワトリ、うさぎと共に欠かせない飾りのようですね。どこへ行っ
ても、卵にヒヨコにうさぎがどど~んと並べてあって、あまりのしつこさは逆に
おもろい…。

日本人の私は、やっぱり春の色は淡いピンク色。黄色というイメージはまったく
ありませんでしたが、この先フィンランドで春を迎えるときは黄色が春のイメー
ジカラーになるんでしょうかね。


さて、フィンランドのイースターとは、どんなものか。
宗教的なことはよくわかりませんのでこんな感じ~という上っ面だけの紹介で。

"キリストの復活を祝う" というのが、イースター = 復活祭 です。
イースターと言えば、卵、ヒヨコ、ニワトリ、うさぎ。

売られているカードや小物には、たいていニワトリ一家とうさぎが遊んでいて、
そばには卵と猫柳が描かれている…なぜなんだ?ということで、ちょっと調べて
みました。すると…卵というのは誕生や新しい命、復活のシンボルだそうです。

キリストの復活→誕生→卵→ヒヨコ→ニワトリ

という連想ゲームみたいなもんですかね。それと、冬に枯れた木や花が春になる
と新芽を出す、春になると太陽の光が戻ってくるという"誕生"の意味もあるよう
です。今はチョコレート卵からムーミンなどのおもちゃが誕生する…時代の流れ
とは大きい。

そして、うさぎ。
うさぎは繁殖力が強い動物なので、これもまた命を象徴するということで、出番
というわけです。ちなみに、フィンランド語で jänis ヤニス は、野うさぎ。
kaniini カニーニ は、飼いうさぎ。

イースター限定のうさぎは pääsiäispupu パーシアイスププ と言います。
pupu は "うさぎちゃん・うさちゃん" という、子供が使う言葉です。

そして、 パーシアイネンには pääsiäisruoka パーシアイス ルオカ = イース
ター料理。クリスマスのように"絶対"というメニューはないようですが、パーシ
アイネンと言えば…

次に続く…




[PR]
by tornio | 2008-03-23 01:22 | Leipomossa 実習で

レストランで昼食 lounasta ravintolassa


今日は、ravintola ラヴィントラ = レストラン でお昼ごはんを食べて
きました。しかも、タダで。

もちろん、学校をサボって…ではなく、ちゃんと行きました。


昨日の実習後、先生から

「明日は11時に、皆そろって昼食を食べに行くから。え~、そこで…。」

長々とナイフとフォークはどうだの、ナプキンはどうだの、服装コード
を守れだのというような食事の際のマナーについての話がありました。


そして、今日。
11時に学校に併設されたレストランへ、実習着のままで行きました。
服装コードはこの際関係なし。

学校のレストランでは、実際にコック科の学生が料理を作り、サービス科
の学生が給仕をします。もちろん学生の実習を兼ねて作られる料理なので
値段は安めですが、私たちは授業の一部なので無料です。

席に案内されて、私が感動したもの。それはテーブルセッティングが洒落
ている!今週はイースターなのでテーブルクロスやナプキンは黄色と黄緑、
食器は真っ白。フィンランドの春の色ですね~。
芝とニワトリと卵の飾りが置かれている学食テーブルも好きだけど、優雅
さが違います。


さて、学生ウェイターのあいさつに始まり、食事マナーについての説明が。
日本で教えられたマナーでは、食事中はぺちゃくちゃとおしゃべりしない、
ということでしたが、今日はこう言われました。

" 常に両隣の人と会話をしてください。"

そういえば、フランスの高級レストランへ行ったとき、フランス人たちの
おしゃべりが止むことはなかったな…。確かに、カチャカチャと食器の音
だけがする空間は楽しくも何ともない。

その後、数秒で前菜のトマトとモッツァレラチーズのサラダが運ばれてき
ました。パンはバターをたっぷり塗って、焼いたフランスパンが一切れ。

なんかよくわからない味でしたが、そこそこおいしかったです。
って味があんまりしないというだけで…ちょっと気取った生野菜を食べた
という感じ。

次はメインです。
運ばれてきたのは、ジャイアントサイズのポークカツレツ。デカすぎだろ。
それにポテトと焼いたズッキーニ、人参、パプリカがちょこっと。薄っぺ
らい豚肉でしたが、お皿の半分以上を占めるサイズはどうなんだ?

ま、久々に脂っこいものを食べたので、満足ですが。

最後はデザート。
りんごタルト・バニラソース添え。どっしりとしたパウンドケーキのよう
な生地の上に、甘く煮たリンゴをのせ、上にどっさりとクラムを散らして
焼いたケーキでした。ちょっとクラムが硬かったけど、平均点の美味しさ
でした。

締めは、もちろんコーヒーです。

のんびりと1時間20分のランチタイムでした。いつもは10分ぐらいで
済ませている私も、お腹いっぱい、のんびりと食事したせいか眠気が…。


フィンランドの学校では、授業の一環として森までベリーを摘みに行って
ソーセージを焼いたり、そり滑りに行ってソーセージを焼いたり、お菓子
とジュースにビデオを見て終わるクリスマスパーティーがあったり…

そして今日も優雅なランチタイム。めんどくさいな~と乗り気じゃなかっ
たのに、楽しんじゃったということが多いんですよね。

フィンランドで学生になると、こんなことが出来るんだ~と、日本で窮屈
な学生生活を送ってきた私にはうらやましいことがいっぱいあります。
ま、でも、日本の学校も悪くないと感じる点もありますけど。


今日はお昼ごはんをいっぱい食べたので、夕食は食べません。
あんなでっかいポークカツレツ食べたら、お腹は空かない。
いや~ごちそうさまでした。


d0134806_662316.jpg










[PR]
by tornio | 2008-03-20 06:07 | Koulussa 学校で

なんで? Miksi ?!


朝、ブラインドを開けると、そこには…


・・・・・・・・・・・雪、雪、雪。


なんで、雪やねん。



あはははははははははははぁ……。

ここまでいやがらせするんなら、こっちも笑ってやる。

ったく、降るんなら、雪じゃなくて雨でしょうよ…。

いつまでたっても草花が埋もれたまんまでしょうよー!


あぁぁ…春よ、お前はもう来ないのか…。




[PR]
by tornio | 2008-03-18 14:44 | Torniossa トルニオで

誕生日プレゼント 第2弾。 lahjat itselleni

d0134806_22513988.jpg

誕生日プレゼントの第2弾。
今回は…私から私に贈るプレゼント。なんともむなしい文章です…。
ま、そんなことは気にしない。

前からず~っと狙っていた、でも、買おうかどうしようか迷っていたものを、
誕生日にかこつけて買いました。

これを。

d0134806_22552413.jpgd0134806_22555692.jpg
Iittala(イーッタラ) Verna ワイングラス2個セット。

実は、Aino Aalto というシリーズのタンブラーを買うつもりだったのです。
同じカラーで。が、偶然、ちがう店でコレを見つけて一目ぼれ。

下戸のくせに、ワイングラス。
いやいや、ワイングラスであろうと、これで何を飲むかは購入した人の勝手。
私は堂々とジュース、牛乳、麦茶にアイスコーヒーに glögi を飲みます!

このグラスを使い始めてから数日。
毎朝、ジュースを飲むのが楽しみになりました。まじまじとグラスを眺めて、
光を当ててみたりして、ジュースを飲むだけなのに時間がかかる、かかる。
もうお茶だろうが何だろうが、全ての飲み物をこれで飲みたくなりますね~。

何がそんなに興奮させるのか。

それは・・・色。この青緑に一目ぼれしたわけです。



d0134806_2332235.jpg




Merensininen
メレン シニネン
= 海の青






なぜか、この色ばかりに目がいくんですよね。
ほかの青色もキレイなんですけどね…ビビビッとこない。でもこの深い青緑
は吸い込まれそうな感じがする。

実家にもイーッタラの定番 Kivi というロウソクを入れるグラスがあるんで
すが、それも確かこの色。赤い糸で結ばれてるんだな、きっと。

ところが!この色、2007年いっぱいで生産終了になったそうで、販売店
の在庫限りという何とも残念なことになりました。私が買ったワイングラス
も最後の一箱でした。

この色がなかったら、きっと目もくれなかっただろうイーッタラのグラス。
これのおかげで、イーッタラ社の色のセンスは素晴らしい!と思ったのに…。
考え直して!イーッタラ!!

そんな事情も後押しして、がんばっている自分へのご褒美にしました。

あ、自分に甘すぎ?




[PR]
by tornio | 2008-03-14 00:23 | Elämässä 生活で

プレゼントが届く。 Sain lahjat vanhemmilta!


もうすぐ、私の誕生日。

学校から帰ってきて、コーヒーを飲んでくつろいでいたら、寮の管理人さんが
郵便物を届けに来てくれました。
(寮の入口にあるポストに入らない郵便物は、部屋まで届けに来てくれる。)

郵便、その差出し人は・・・うちの母。

開けてみると・・・

d0134806_2361132.jpg




















プレゼントが!

母から、オランダの画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの金属製ポストカード。
父から、実家で飼っている超おバカなうちの愛犬の絵。

(ちなみに、後ろに写っているプレゼントの箱は自分で買った誕生日祝い…。)


10代の頃にゴッホの人生を題材にした映画を見て以来、一番好きな画家。
この絵に描いてあるベッドと同じようにしたくて、赤い布団カバーを自分で作っ
たという…。実際のところ、ゴッホの絵が好きというよりもゴッホが好きなんで
すよね。

フランスのオルセー美術館で見た本物のゴッホの絵には感動しました。ルーブル
で見た、驚くほど小さかったモナリザの絵よりもはるかに…。


で、もうひとつの絵。うちのバカ犬。
う~ん、このアホっぽい雰囲気、そのまんまだ。
これはうちの専属画家、父が描いたもの。さすが、父。

私の両親は美術大学出身なので絵画や物づくりはお得意の分野。父は、今は地元
で風景画を教えていますが、実はこんな感じの絵を描くほうが楽しそうだし、父
らしい。

一見…いや、行動もアホっぽい雑種ですが、頭は良いほうだと思うんですよ。
" 待て " が出来る犬なので。これまで飼ってきた犬は待てなかったので、うちの
家では "頭の良い犬" なんです。ただ、大きな問題が。機嫌の悪さをあからさま
に出す犬なんですよね~。

気分がノッてるときは、ひっくり返るわ、はしゃぎまわるわで、おい大丈夫か?
と心配になるぐらいハイテンション。なのに機嫌が悪いとにらむわ、無視するわ、
ちっちゃーい声でウ~ウ~うなる…特に夏はそっとしておくのが無難な犬です。

実は愛犬が一番恐れている存在、それが父。父が近寄ると顔が一気に引きつって、
目を合わせようとしない。とにかく早く立ち去れ!という態度。それをしつこく
楽しんで、さらに嫌われる父…。なので、父が描く愛犬の絵は皮肉たっぷり。
それを楽しむ私。なんにせよ、うちのかわいいアイドル犬です。


芸術肌の両親から生まれたからか、私もプレゼントと言えば手づくりで凝りまく
るほう。姪っ子は私からの誕生日の手づくりプレゼントにいつも期待してくれて
ますしね…。

欲しいものを買ってもらうプレゼントは憧れるけど、これまでもたいていのプレ
ゼントは手づくりだったことを思えば、それも両親のひそかな教育だったのか?

子供のときに貰ったプレゼントがお金で買えるものばかりだったら、きっとモノ
を作る楽しさも、手づくりプレゼントの価値も知らないままだったかもな~と思
いますね。

私の方針。

"プレゼントにはサプライズと遊び心と買えないものを。"




[PR]
by tornio | 2008-03-11 02:03 | Elämässä 生活で

学校、再開。 Hiihtoloma on loppunut.


さて、今日からまた学校が始まります。

昨日は、とっとと21時30分には寝ました。

休み明けは特に頭をスキッとさせて行かないと、実習中に脳みそが休んでしまう。

たっぷりと寝たおかげで、目覚めはまだ良いほうでした。でも、まだ足りない。
(明け方に除雪車の音で起こされましたし・・・)


気持ちよく晴天!を期待したのに・・・

朝から雨。

除雪したあとに、雨。

一番最悪なパターンだ・・・。


では、行ってきます。




[PR]
by tornio | 2008-03-10 14:40 | Koulussa 学校で

手放せない本たち Aina tarvitsen nämä kirjat.


いよいよ、スキー休暇も残すところあと2日。
この休暇を振り返ってみると…

課題で時間が過ぎていった、ただそれだけ。

課題の最終提出期限まで約1ヶ月あるので、切羽詰った状況ではないんですけど、
イヤなんですよね、苦痛な仕事をいつまでも先延ばしにして残しておくのが。
チャッチャと片付けて開放されたいので、時間に追われない休日に集中的にやっ
てしまおうというわけです。

フィンランド人なら、ほんの2~3日で課題一つを片付けられるんでしょうけど、
私には無理です。しかも、包装資材についてですからねぇ。専門用語が多い上に、
原料に構造、製造工程…。読んでも読んでも理解できない。読むだけで時間がか
かるっていうのに、読めたところで何を言っているのかわからない。

日本語ならザッと目を通して、重要なところをテキトーにまとめとけばいいやっ
てなもんですけど、フィンランド語を自由自在に扱えるわけもなく…。


で、いつもフィンランド語を相手にするときに必要なものがこれら。


d0134806_17543330.jpg
下から
Suomen kielioppia
ulkomaalaisille
外国人のためのフィンランド語文法

フィンランド語文法読本

Englanti/Suomi sanakirja
英フィン辞書

Suomen kielen sanakirja
ulkomaalaisille
外国人のためのフィンランド語辞書

Suomi/Englanti käsisanakirja
フィン英辞書


そして一番上に乗っかっているファイルは、私が自分でまとめた文法解説書。
一番下の黒いカードたちは、語形変化させるコツの早見表。
あとは、英日・日英、広辞苑、百科事典などが詰め込まれた日本の素晴らしい
電子辞書は必須です。

Suomen kielioppia ulkomaalaisille は、全てフィンランド語で書かれて
いますが、ややこしいフィンランド語文法のルールについて詳しく、わかりやす
く説明してあるのでかなり重宝してます。日本の文法書ではわからない、細かい
ルールを教えてくれます。

フィンランド語は文法を知れば知るほど、ちゃんと理解できる言葉だと実感。

Suomen kielen sanakirja ulkomaalaisille もまた、全てフィンランド
語で書かれた辞書ですが、これは単語がどういうふうに使われるか、同じ意味を
持つ単語は何かを例文とともに教えてくれます。例文はありがたい。

これを手放せない理由はフィンランド語の底なし沼とも思える "格変化" した形
を、主な格で単数・複数ともに教えてくれるから。
動詞なら一人称と三人称、受動態、命令形など。
ほんとに、これがあるだけで "格変化させる作業" が楽に。


これらが机一面をダダーッと支配するわけです。
その隅っこでちょこちょこと書く。

課題をしながら、

"フィンランド人は、こんなに本まみれにならないんだろうねぇ。"
"なんでこんな変化しまくる、ルールが多い、長ったらしい言葉を喋れるんだ?"

と、うらやましく思ったりして…

で、最後にはいつも


"フィンランド人ちゃうねんから!わかるかー!"


と思いっきり悪態ついて、投げ出し、気を取り直して再開、の繰り返し。

そして…休暇が終わる。

残り4つ。




[PR]
by tornio | 2008-03-08 19:41 | Suomen kieli フィンランド語

太陽! Aurinko paistaa!


今日は、最高の一日でした。
なんといっても、太陽が輝いた一日!素晴らしい!

d0134806_640585.jpg














フィンランドに来てからというもの、太陽が輝くと "出かける日" になって
しまいました・・・。

課題が頓挫してようが、やらないといけないことがあろうが、ちょっと体調
が悪かろうが絶対に出かける!でないと、損、損。

てなわけで、自転車のパンクを修理してもらいついでに、買い物とプチサイ
クリングへ。


このブログでもトルニオと銘打っておきながら、トルニオがどんな町なのか
も紹介していないので、ちょっと写真でご紹介。


d0134806_6411767.jpg


凍ったトルニオ川にはスノーモービル
の道。休みになると何台も走ってます。
そして隅っこの方では釣りをする人や
スキーをする人、歩く人…川の上は遊
び場です。ちなみに、トルニオ川は北
のロヴァニエミ方向から名前を変えな
がらトルニオまで流れ、さらに下って
いく長~い大きな川です。






d0134806_6413493.jpg


Tornion kirkko トルニオ教会。
1680年代に木で建てられた古い教会。
屋根が魚のうろこみたいでキレイ。
隣は墓地で、クリスマスはロウソクの
明かりで素敵な墓地に。








d0134806_6415523.jpg




トルニオの娯楽。100歳の映画館
Cult Cinema & Cafe
営業しているのか?と疑いたくなるほど、
オーラがない。
つい忘れてしまう存在。







d0134806_6421563.jpg



トルニオと言えば、フィンランドビール
Lapin Kulta ラピン クルタ。
トルニオが本拠地。
ビール製造の際に出る、独特のにおいが
町中に流れるので、ちょっとツライ。
特に夏。







d0134806_6423325.jpg



展望台です。
vesitorni ヴェシトルニ(水の塔)と
呼ばれていて、上はカフェです。
町を一望できるそうです。
私は巨大なキノコにしか見えません...。








d0134806_6425286.jpg


Pohjan Stadion
ポホヤン スタディオン。
トルニオのサッカーチーム TP-47
ホームグラウンド。夏は試合が行われ、
ロックフェスティバルも。
普段は地元民の運動場です。今日は、
子供たちがそり滑りを楽しんでました。






まだまだ紹介する場所はありますが、写真がないので、また今度。
もう少し暖かくなって、手がかじかまなくなってから…。手袋を取ったり
はめたりしているうちに動かなくなってくるし、鼻水も…。

次、晴れた日には、スウェーデン側へも行ってみたいと思います。




[PR]
by tornio | 2008-03-06 06:44 | Torniossa トルニオで


トルニオでパンとお菓子を学んだ留学奮闘記


by tornio

プロフィールを見る
画像一覧

最新情報

続・芬闘記(更新中)

フィンランドカフェ芬闘記

(トルニオ芬闘記から約7年、
再び芬闘中です。)

カテゴリ

全体
お知らせ
Suomessa フィンランドで
Torniossa トルニオで
Leipomossa 実習で
Koulussa 学校で
Elämässä 生活で
Ruoat たべもの
Suomen kieli フィンランド語
Minusta "私"って
Japanissa 日本で
Matkalle 旅へ
Haminassa ハミナで
未分類

以前の記事

2017年 02月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧