腕時計が壊れた。 Rannekelloni meni rikki.


水漏れ被害に遭ったことは、前に書きましたが...

荷物を引越しさせているときに、ちょうどキッチンの近くに置いてあった腕時計
2個に水滴がついているのに気付いて、ブンブン振って水滴を落としたんですよ。

1個は防水完璧な時計。もう1個は...まったく無防備な時計。

なんとな~くイヤな予感はしたもんの、まぁそれほど濡れてないから大丈夫か?
と思ったのが甘かった。

やっぱり、見事に壊れてましたよ...。

針が15分しか動かない。ネジをぐるぐる回しても、15分間を行ったり来たり
するだけで、時間が合わせられない。調子がいいときは2~3時間ぐるぐる回る
んですけど、そんなのまともな時計の仕事じゃない。

というわけで、とりあえず寮の管理人さんのところへ行って、それを伝えました。
が、どーにもねぇ、被害を受けた私がスッキリしない気分なんですけど。

「あなた自身が入っている保険でどうにかならない?」

的なことを言われ、

「いいえ。」

と答えました。保険に入らないと滞在許可は出ませんので、保険には入ってます。
その中に "携行品補償" も付いてます。

が!保険の概要を読むとですね...

"身の回りの品が居住施設内にある間は、その対象にならない"

と謳ってあるんですよ...。
携行品とは常に身に付けていて、そのときに損害を受けた物で、部屋の中に置い
てあったものはダメということらしい。

これが旅行者で、ホテルの部屋にあったとかっていう状況なら別。それは対象。
でも、私の場合は寮の部屋に住んでいるので、対象外。

ややこしいね、保険って。わざと?と思うぐらいに。


寮の管理人さんが、

「とりあえず相談してみるから、時計の値段は幾らぐらい?」

と聞いてきたので、

「日本で買ったんですけど...だいたい〇ユーロぐらいですね。」

と伝えました。


でもさー、これってどうやって証明するの?時計が幾らだったかなんて聞かれて、
正直に答えたとしてもですよ?言い値でも可能な状況だと思いません?

私が疑われてもおかしくないわけですよ。
レシートを持っているわけでもなく、しかも日本で買ったもので、確実な証明は
不可能。お金に関することはシビアですから、人間。
それに、値段だけじゃなくて、本当に水漏れで壊れたのかどうかも証明できない。

いや、私はちゃんと正直に申告してますけども、それを信用するかどうかなんて
相手次第なわけで。被害に遭ったのは私なのに、立場が非常に弱い気がする。


正直、高級時計でも何でもなく、むちゃくちゃ安い時計です。別に弁償してもら
わなくてもいっかな~と思ってたぐらい。

ですが...安い、高いの問題でもないよな~と考え直して、申告しに行った次第。


とにかく、誰がこの時計を補償してくれるんでしょうか?
それとも、損して終わり?





[PR]
by tornio | 2009-05-15 02:48 | Elämässä 生活で


トルニオでパンとお菓子を学んだ留学奮闘記


by tornio

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新情報

続・芬闘記(更新中)

フィンランドカフェ芬闘記

(トルニオ芬闘記から約7年、
再び芬闘中です。)

カテゴリ

全体
お知らせ
Suomessa フィンランドで
Torniossa トルニオで
Leipomossa 実習で
Koulussa 学校で
Elämässä 生活で
Ruoat たべもの
Suomen kieli フィンランド語
Minusta "私"って
Japanissa 日本で
Matkalle 旅へ
Haminassa ハミナで
未分類

以前の記事

2017年 02月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧