クリスマスパーティー pikkujoulu

昨日は、今年最後の登校でした。
先生が宣言したとおり、löysä päivä リョユサ パイヴァ でした。

登校してきたうちの学科の生徒はたった7人。

おいおい、みんな、もうクリスマス休暇ですかい?

先生が用意してくれたスナックとジュースと glögi グリョギ と Liisa (先生でもあり、
学校のパン職人でもある人) が作ってくれた tähtipulla タハティプッラ を味わい
つつ、ディズニーのクリスマスアニメを見て過ごしました。

8時から始まって10時30分に解散。なんつー終業日だ。

いや、でも、なかなかおもしろかったです。
日本の学校ではぜったいにあり得ない。こんな “ 学校 ” があるもんなんだと、
カルチャーショックでした。

そして、もうひとつ、私にとってはとてもショックで言葉では言い表わせないほど
感動的な出来事が。

ビデオを持ってきてくれた、そのときに見たものは…

d0134806_18293779.jpg
なんてことはない、ミッキーマウスです。

が、よーく見てください。

「MIKKI HIIRI」 !!!

フィンランド語でミッキーマウスのことを、“ ミッキ ヒーリ ” って言うとは…

知らなかった。

フィンランド語で Hiiri ヒーリ は “ ねずみ ”。

私は 「ミッキヒーリ?…ミッキヒーリ?!…ミッキヒーリ!」 と連呼してしまうほど
の衝撃でした。

私はミッキーマウスは世界どこでもミッキーマウスと呼ぶもんだと、勝手に思い
込んでました。

たしかに、ミッキーマウスも日本語に訳せば、ミッキーねずみ。
当然と言えば当然ではあります。


日本語は便利な言葉で、外来語はカタカナでもあらわせて、訳す必要が無く、
会話の中でまるで日本語かのように通じる…

“ ケーキ ” を日本語に訳せと言われても、余計むずかしいのと同じで、

“ ミッキーマウス ” を日本語に訳して言うなんてことは人生で一度もなかったし、
“ ミッキーねずみ ” を名乗った商品を見たこともなく…。

でも、フィンランドではフィンランド語にきっちり訳すんだー!と、言葉のおもしろさ
とその律儀さに感動いたしました。

そして、日本人って外国語をそのまま受け入れるのがうまいもんだと思いました。

フィンランド人にとっては当たり前のことでも、私にとっては衝撃的新事実。

なかなか覚えられないフィンランド語でも、これはすぐに覚えたし、きっと忘れられ
ない言葉です。そして、フィンランド語であらためて、ミッキーはねずみだということ
を認識いたしました。

で、物語は全編フィンランド語でしたが、子供向けですし、会話も簡単な言葉でし
たので、見ていればだいたいわかりました。

でも、ドナルドおじさんだけは何を言っているのか全くわかりませんでした。

それにしても、アニメのキャラクターってすごい。何ヶ国語でもしゃべれるんですよ。
日本のアニメだって、フィンランドに来ればフィンランド語をしゃべってるんですから…。

うらやましい限りです。
[PR]
# by tornio | 2007-12-22 19:54 | Koulussa 学校で


トルニオでパンとお菓子を学んだ留学奮闘記


by tornio

プロフィールを見る
画像一覧

最新情報

続・芬闘記(更新中)

フィンランドカフェ芬闘記

(トルニオ芬闘記から約7年、
再び芬闘中です。)

カテゴリ

全体
お知らせ
Suomessa フィンランドで
Torniossa トルニオで
Leipomossa 実習で
Koulussa 学校で
Elämässä 生活で
Ruoat たべもの
Suomen kieli フィンランド語
Minusta "私"って
Japanissa 日本で
Matkalle 旅へ
Haminassa ハミナで
未分類

以前の記事

2017年 02月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧