カテゴリ:Leipomossa 実習で( 66 )

ぺルナ リエスカ Perunarieska

d0134806_18135744.jpg

私の好きなフィンランドのパン、ぺルナリエスカ。

peruna ぺルナ ” は、ジャガイモ。
rieska リエスカ ” は、平べったいパン。

イーストを使わず、ベーキングパウダーでほんの少しだけふわっとふくらませるパンです。

フィンランド人の主食と言ってもいいでしょう、ジャガイモがメイン。
食事で残ったマッシュポテトの使いみちのひとつ。材料もシンプル、発酵もさせない手軽な
パンなので、スーパーで買うというより、家で作るパンに分類されるんじゃないですかね?

学校のレシピは、マッシュポテトと粉と塩とベーキングパウダーのみ。
もんのすごいやわらかい生地なので、たっぷりの打ち粉をしないと、あっちこっちにベタベタ
くっつきます。そんでもって、うす~く伸ばさないといけません。

先週の木曜日にも作ったんですけど、そのときはマッシュポテトが硬すぎたために、非常に
扱いやすい生地でございました。

それじゃダメなんで・・・。

それを踏まえて、今日はマッシュポテトのやわらかさを調整。扱いにくい生地が出来ました。
ただ、まだもう少し薄く伸ばしたほうが良いと言われました。

焼く時間もほんの5分程度であっという間です。すんごい高温で焼きますので、枚数が多い
とひっくり返したりするのに忙しい。

でもね~楽しかったです!これまで作る機会がなくて、作りたいと思ってたんですよねぇ。
ギリギリで作ることができて良かったです。
いつも学校体験などで実習室にやってくる中学生達が作っているのを、指くわえて見てたん
ですよ。


スーパーで売っているぺルナリエスカをじーっと見ては、あんまりおいしそうに見えないので
買わずにいたんですけど、学校で作った出来たてのぺルナリエスカをひとくち食べたら・・・

「えーっ!こんなにおいしいもんだったのー?!」

ガツーンとやられました。

それ以来、学食のパンかごにぺルナリエスカが置いてあると、小走りで取りに行きます。数
が少ないので、あっという間になくなっちゃう。
普段は、学食でマッシュポテトが余ったときに、リエスカ用に使ってくれと厨房から持ってき
たら作るので、たま~にしか出ません。


私が思うに・・・
“ 焼きたてのぺルナリエスカにバターをのせて、シンプルに食べる!”
これが最高においしい。ほっぺた落ちそう・・・じゃなくて、落ちます。
[PR]
by tornio | 2010-03-29 19:40 | Leipomossa 実習で

時間がどんどん・・・ Aikaa ei voi pysäyttää.

d0134806_23394097.jpg

いつまでたっても寒いですけども。

この前、日本の天気予報を聞いたところ・・・

「明日は、気温が9℃前後の冬に逆戻りしますので、ダウンコートが必要かもしれません。」

えぇ?そりゃ~汗ダクダクになるだろー。

トルニオでその気温なら、ダウンもセーターも箱の中よ?

9℃なんて春だ!春!ダウンコートなんかクリーニングに出してしまえ!


さて、学校での職場実習もあっという間に5週間が終了。な~んでこんなに早いの!?
蒸し返すようですが、あのハミナでの2ヶ月間はとてつもなく長ったらしく、苦痛だった・・・。
二度と戻りたくないです、ハイ。あの日々を思い出しただけでゾッとする、っていうのが本音。
同じ長さの時間が流れているとは思えないな~。

学校での職場実習は忙しくて、仕事を任されて、いつもうろちょろ出来て・・・楽しすぎ。
あっという間に過ぎていく時間がもったいなくて、あと3週間で終わると思うとガッカリです。


スキー休暇には夜中の1時とかに寝て、朝6時~8時頃に起きて・・・の生活をしてましたが、
月曜日からはちゃんと元通り。生活リズムをこんだけコロコロ変えても、ちゃんと順応してる
自分に感心しちゃう。

確かに、週の後半はさすがに起きるのがしんどくて、金曜日はぐだぐだな夜になりますけど、
実習室に入ればシャキッと変身しますから。すんごい機敏な動きで、超働き者に。


実習では、注文ケーキがあるときは、私がその担当。たいていは定番のイチゴケーキ。
“イチゴケーキ” と指定してあれば、これを。

d0134806_1285137.jpg

イチゴケーキは夏を象徴するケーキなので、冬の定番はラズベリーケーキと言ってもいいん
ですけど、これにはある事情が。

12月頃にフィンランドの食品安全局から通達があって、輸入ラズベリーからノロウィルスが
検出されたということで、熱を加えずに冷凍ラズベリーを使うのは当面禁止!になってます。
熱を加えたもの、例えばジュースとかソースとかで冷凍ラズベリーを使うならOK。ただし、
フィンランド産の冷凍ラズベリーは熱を加えなくても使えます。

と言っても、国産のラズベリーは収穫量が少なく、大きさも揃ってなくて、ほとんど砕けた粒
の状態。写真のイチゴの代わりにラズベリーをのせるんですけど、何袋あっても足りないと
いうことになるので、今はイチゴケーキの注文を受けているというわけです。

フィンランドでは生のベリー類を使うのは、その季節だけ。収穫が終われば、冷凍やジャム
やジュースにして保存するのが普通です。フィンランドは北国ですからね、冬場に食べ物に
困らないよう食材を保存する文化と言いますか、いろんな技術や歴史があっておもしろい。

ま、それでも、ケーキを作りながら “フレッシュベリーがあればなぁ” って思うことは多い。

d0134806_234139.jpg

これは、ristiäiskakku (=洗礼祝いのケーキ) の注文で作ったものです。
青色のバラを飾ったので、男の子用です。女の子ならピンク色。

どんなケーキにしようかといろいろ考えたんですけど、アイデアが出なかったのでシンプル
な生クリームのケーキに。
例の、悪夢のテレビ出演 “ケーキコンテスト” で作ったのも同じようなもんです。

d0134806_2451872.jpg

最後に、今週作った Hääkakku (=ウェディングケーキ)。

うちの学校のレストランでウェディングパーティーがあったので、2段ケーキにしました。
黄色いバラと緑の葉で春をイメージ。

なんですがね・・・
あまりの出来の悪さに、大きい写真で載せるには抵抗があったので、ちっちゃい写真で。
遠目に、薄目を開けて、ぼや~っとした感じで見ていただければありがたい。

もっと精進します。
[PR]
by tornio | 2010-03-20 03:01 | Leipomossa 実習で

試してみました。 Kokeilimme donitsin valmistamista.

d0134806_221820.jpg

試作品のDonitsipallot ドニッツィ パッロト です。直訳、ドーナツボール。

月曜日の “商品開発” 授業で、

「うちの学校の音楽ホールで行われるイベントのために、なにか商品を開発して売る。」

ということになりまして。

月曜日は、みんなでアイデアを出し合い、試作する商品を5品に絞りました。その前に、
商品を作るにあたって、制限あり。

1. 生クリームなどの日持ちしない材料は、使えません。
2. 日持ちするものでないと、いけません。
3. 材料は、実習室にあるものでないと、いけません。
4. お皿やフォークなど、洗浄が必要なものは、使えません。
5. 冷蔵庫や冷凍庫はないので、商品は保存できません。
6. 包装ができるものでないと、いけません。
7. 包装は安価な物でないと、いけません。
8. ありふれたものでは、いけません。
9. 音楽につながるような見た目でないと、いけません。

ライバルは、LU Suomi 社の Domino-keksi
ショボい想定ライバルですが、音楽ホール担当者が、いつもイベントの時に出している
のは “ドミノのビスケット” だと言ったので、そういうことに。ま、学校関連施設ですから。

それぞれ、紙にアイデアを書いて回収。採用された商品のうちの一つが私のアイデア
である Donitsipallo なわけです。

話を聞きながら、制限を考えながら、パッと頭に浮かんだのがコレだったんですね。
ミスタードーナツが思い浮かんだだけです、はい。だってー、制限多すぎ。他に考えよう
としたんですけど、もう他に出てこなかったし。

フィンランドじゃありふれてないよね。音符でも描いときゃいいよね。日持ちするしね。手
でつまめるしね。ごみも少ないしね。フィンランド人、ドーナツ好きだしね。

なんつー理由で、制限はクリアしてるだろう。あとは完成度と意見。

フィンランド人は何かと、太るだのカロリー高いだの甘いだのと言いますが、カロリーの
少ないお菓子なんつーものは、ありません!カロリーのないお菓子を!と要望された
ところで、不可能ですから!そういう意見は・・・却下。


とりあえず、今週金曜までに試作を繰り返し、意見を聞きに行き、最終的にどれにする
かを決めて、金曜日には本番で作って納品する予定です。

この他のアイデアとして、Bebe Aleksanterin leivos、音符の形をしたクッキーと
メレンゲ。

Bebe とは、タルトレットにチョコクリームやらヌガークリームを絞り、山なりに形を整えて
から、フォンダンかチョコレートでコーティングしたもの。本来はバタークリームです。
ここでは、「ぺぺ」 と言います。

アレクサンテリン レイヴォスとは、クッキー生地を重ね合わし、間にラズベリージャムを
挟んで、上にフォンダンを塗りつけたお菓子です。


ドーナツボールを揚げながら、

「え~・・・こんなめんどくさい作業で900個~?!」

ドーナツ生地を油に落とすんですけど、きれいな形のボールにするのに大変な労力・・・。
人間がやってんだから、機械みたいに寸分たがわず、まん丸になるかー!出来るかー!
やってられるかー!

先生は 「こっちのドーナツのほうがいい。」 と、作業の苦労も知らず、鬼のようなご意見。

そっちは、揚げながらスプーン2本でちまちま形を整えたんですよ・・・。

900個よ?!900個!そんなん、気ぃ遠なるわ。
[PR]
by tornio | 2009-11-17 23:47 | Leipomossa 実習で

秋と言えば・・・イモ! Tein perunaleivokset.

d0134806_16365781.jpg

ジャジャーン!何ですかー!これー?

そう!あの、例の Perunaleivos ですよー!かわいいでしょー?

これを作ったのはちょっと前なんですけどね、作った日は実習が終わったあとも幸せな気分
でした。どつかれても笑って許すよ?っていうぐらい、機嫌が良かった。
・・・あくまで、例えです。


ヘルシンキで、あらゆる点で ”う~ん・・・?”な Perunaleivos を食べたことを先生に話した
んですよ。

「ねぇ、先生。Perunaleivos って知ってる?」

「知ってるよー!まっずい味だもんねー!え~?なに?食べたことあるの?どうだったー?」
(あらら、マズイってハッキリ言っちゃったよ・・・。)

「ヘルシンキで食べたんですけどね、すんごい甘くて、ベチャベチャしてて、奇妙だった~。」

「わっはっはっはっはーーー!!」

大笑いしました、先生。


で、作り方を聞くとですね、やっぱり茶色のぺルナレイヴォスと白いぺルナレイヴォスがある
んだそうです。

ぺルナレイヴォスはもともとスウェーデンから来たケーキで、お菓子屋さんで出るケーキの
切れ端(=使わないスポンジくず) を活用しようってことで出来たもんだそうです。
なので、具の材料に関しては ”コレ” という決まったものはないみたいですね。先生が持っ
ていたスウェーデン語のお菓子読本には、”こう、こう、こうやって、組み立てる”という説明
が書かれてあるだけでした。

その時はそれで話が終了したんですけど、後日、実際に作れることに・・・。
作る物に関しては先生が決めるんですけど、まさか、これを作れるとは思ってもなかった。
普通に考えれば、却下。だって、↑ のような感想しか出ない代物。

というわけで、先生の記憶と私が食べた味&見た目の記憶を参考に作りました。これには、
スポンジの切れ端、mantelimassa (=マジパンローマッセ)、ココアパウダー、ラムが入
っています。これがね~、親の敵みたいに甘い!ちびっとだけならおいしい、それ以上は
不健康、ってなぐらいに。マズイとは言ってませんよ?”甘い”んです。

スウェーデンの本によると・・・
「スポンジを敷いて、カスタードを塗り、ペーストをのせ、マジパンで覆い、粉糖をふりかける」
とあったので、その通りにしました。粉糖だけだとイモっぽく見えないので、ココアパウダー
もふりかけました。土でまみれた、掘り出したばっかりのイモをイメージ。

ヘルシンキで食べたものよりもおいしかったです。でも、デカすぎ。ひとくちサイズで十分。
具ももっと改良できそうです。ネットで見た Fazer Perunaleivos はまた全然、作り方も
材料も違っていて、現代風だった。う~ん、Perunaleivos 食べ歩きもいいかも知れない。

組み立てているときなんか、前を通るみんなが不思議そ~な顔をしてました。
この物体は何?何が生まれるの?という、不気味な物を見るような眼で。聞くと・・・

Perunaleivos?なに、それ?聞いたこともないし、見たこともないよ?!」

えーーーっっっ!?そうなのー!?定番なんじゃないの!?
じゃ逆に、フィンランド人が知らないレアなもんを知ってたの、私!?
どんだけストーカーなんだよ・・・。


完成して整列した Perunaleivokset を見た先生も、

「お~トルニオ~!!良いね~!まさに Perunaleivos だよ~!」

と感動の再会でもしたように、なんか楽しそうでした。これって、ストーカーの私のおかげ?

d0134806_18271719.jpg

[PR]
by tornio | 2009-10-03 18:31 | Leipomossa 実習で

夢叶う。 Haaveeni toteutui.

d0134806_2120596.jpg

フィンランドへ初めて旅行に来た8年前から、ずーっとあこがれていたお菓子。

何に?って・・・見た目に。あれ?え?感覚がズレてる?

ケーキ屋さんで売っているより、パック入りの工場生産ものがスーパーで売られていると
いうイメージがある、お茶請けのひとくち菓子。

フィンランド語では Punssirulla プンッシルッラ または Arrakkirulla アッラッキルッラ。

スウェーデン語では Punschrulle または Dammsugare。 (発音出来ません。)

Dammsugare はフィンランド語にすると Pölynimuri (=掃除機)。

スウェーデンのお菓子です。


punssi は プンシュというリキュールだそうで。”だそうで”って言うのは、こっちに来るまで
知らなかったんですよ。辞書では ”パンチ” とあるんですけど、パンチってどんな味?って。

Arrakki (=アラック) と言うスピリッツと砂糖と水で作られるリキュールで、punssi はスカ
ンジナビア、フィンランド地域じゃ皆知ってるよ?というお酒みたいです。へぇそうなんやね。

アラック自体知らなかったし、プンッシも知らなかった。今も実際のところ、どんな味なのか
ハッキリ知りません。梅酒ゼリーで酔っぱらう、完全なる下戸なので直接飲むわけにもいか
ない。アルコールのにおいを嗅いだだけでオエッとなる・・・。

以前、スウェーデン側でアイスクリームを買ったんですが、それがプンッシ&レーズン味。
記憶では・・・あまり好きな味じゃなかったかなぁ。忘れた。ラムレーズンのほうが好きかな。

話が脱線。

先生に以前、フィンランドの伝統的なお菓子が作りたい!と言ったところ、それを珍しく聞き
入れてくれているようで、ここ最近は夢が叶ってばっかりです。作ってみたかったお菓子を
作れるというのは、なんと幸せな時間か・・・。あ、ちっちゃい夢しか持っていないのがバレる。

マジパンに包まれている中身は本来のものとはちょっと違うんですけど、おいしかったです。
パックに入った緑の物体を見ていると、ど~もそそらず、じーーっと見つめるだけで食べない
ままに8年が過ぎ・・・食べるより前に、作ってしまいました!感動・・・(涙)。

今度、スーパーで買ってあげるね。8年越しのあこがれの緑のキミたち、待ってなさい。
[PR]
by tornio | 2009-09-23 22:52 | Leipomossa 実習で

私はそう思わない。 En usko semmosta!

決してフィンランドが嫌いなわけじゃないし、イヤなことは山ほどあっても、何だかんだと
文句を言っていても、言葉じゃ説明できないような ”愛” みたいなもんがあります・・・

が、今日はちょっとオブラートに包まず、言わせてもらう。

ここから先は、読みたい方だけ読んでくださいませ。

More
[PR]
by tornio | 2009-09-22 00:11 | Leipomossa 実習で

チョコ絵画 suklaamaalaus

毎週火曜日はまるまる1日、”色彩構成” の実習です。

先週は pupu (うさぎ) を描いて、色付けまでしたんですが・・・最後に割れた。
2作目に maanviljelijä (農場の人)の輪郭まで描いて終了。

で、今週。
”農場のおじさん” をとっとと仕上げるつもりが、何だかノリにノッちゃって大作に。

d0134806_255387.jpg

おじさんの部分はイラストを下に置いて描きましたが、背景は直描き。

おじさんだけにしようと思ったんですけど、手に持っている熊手みたいなやつ?が確実に
割れるだろうと、背景を入れました。

フリーハンド、その場の思いつきで描くのは苦手なんですけど・・・案外、雰囲気が出た?
とにかく、お絵かき感覚で楽しかったです。おじさんも楽しそうに見える~。

で、修理した pupu

d0134806_2304771.jpg

雑誌の隅っこに載っていたイラストで、本当はイースターの卵を持っていたのをキノコに
描きなおしました。季節柄、キノコだろうってことで。

どっちのイラストも私好み。シボレー制作よりも、よっぽどか楽しかったです、正直な話。


さー!売店へ持って行って、帰ろーっと!と、実習室のドアを開けた瞬間、ボトッ。

ひえぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーーっっっっ!!!!!

自分の荷物も一緒に持って行こうと、バインダーの上に乗せた pupu が落下・・・。
首と胴体、まっぷたつ。ずぼらをするとこうなる。

結局、再び pupu は修理待ち。なんじゃ、そりゃ。
[PR]
by tornio | 2009-08-29 03:05 | Leipomossa 実習で

チョコプレート suklaakoriste

d0134806_292362.jpg

なんじゃ~こりゃぁ~?!な完成度なので、小さい写真でごまかす・・・。

先生から、
「これ、ウェディングケーキの飾りにしたいらしいんだけど、チョコレートで作ってみる?」
と聞かれ、どんなかな~?とプリントを見ると・・・シボレーマーク。

???ウェディングケーキにシボレーてか?
他人の趣味にとやかく言う権利はないけど・・・それって、どうなのよ?
先生の推理じゃ”カーマニア”だそうですが、どっちが?お嫁さん?ダンナさん?夫婦で?
片っぽがマニアなら、もう片っぽはドン引きじゃないの?幸せだから気にならない?etc...
想像し始めたら、どんな新郎新婦か見てみたい。

依頼にも、なんじゃそりゃぁ~?!な一品。
ついでに、フィンランド人が発音する 「シェヴロレ」 にも、なんじゃそりゃ~!?


木曜日に1回目を作り、見事に失敗。シボレーマークの左右が逆に。文字の逆は気づい
てたのに、マークは最後に気付いた・・・。アホとしか言いようがないです。

で、今日が期限の2回目。数々の失敗、不満箇所を修正したつもりなんですが、それでも
ポロポロと同じような失敗が現れ、悔しいなぁ~。

本物のシボレーマークはゴールドとシルバーなんですけど、チョコでは表現できなかった
ので、ホワイトチョコにチョコレート用の色粉を混ぜて、黄色と水色に。金属っぽい雰囲気
を出したかったんですけど、グラデーションじゃ無理でしたね。遠目に見てもイマイチだわ。

これを飾ったウェディングケーキとやらを見たい気もするけど、見たくない気もする・・・。
[PR]
by tornio | 2009-08-22 03:31 | Leipomossa 実習で

快適な靴。 mukavat työkengät

先週末に、どう考えてももう無理!と我慢の限界がきたので、靴を探しに行きました。

d0134806_216879.jpg

ここ最近流行っている?流行っていた?メーカーのもんではありません。99kr の安物。

スウェーデン側にはフィンランドよりも安い靴屋さんがありまして、品質に関しては値段
相応、もしくは見合わないレベルですが、履きつぶすには手頃で良い Skopunkten

このサンダル、外で履く用ではありません。トルニオでサンダル履きだと、指が紫色に
なってしまいますので、夏靴は一足も持ってません。これは、実習靴。

我慢の限界がきた実習靴が コレなんですが、とにかく、重いんだ。見た目、カッコよく
ても、重すぎ。しかも、サイズが小さくて・・・って、そりゃ自分のミスなんですが。
自分のサイズが 37?38?39?24.5cm?どれ?ってなもんですよ、入学当時は。
あてずっぽうで 37。

d0134806_21372918.jpg


かかとにひっかけられるようになってますが、ひっかけて履くとキツくて、親指が痛い!
なので、つっかけサンダルのように履いてたわけですが、重いためにパッコンパッコン
と歩きにくいわ、スポッと脱げるわ、足に負担がかかりすぎるわ、実習終盤は歩くのも
イヤになるぐらい。それに、足元がダラ~ッとゆるいと、態度も動きもゆるくなりがち。

すんごいいい値段 (50ユーロぐらい?)で買わされたので、我慢して元を取ろうと2年
履きましたが、さすがにもうセコイ考えはやめようと。見た目は好きなんですけど。

履きかえた靴は軽いし、痛くないし、ぴたっとフィットして走るのも余裕のよっちゃん。
安全性にはちょっと問題アリかも知れませんが、なんせあと何カ月の使用ですから。
それより、実習後の脚のむくみもマシになりましたし、動きも見違えるように機敏です。
やっぱ、足元は大事。
[PR]
by tornio | 2009-08-18 22:43 | Leipomossa 実習で

イチゴの季節 Mansikkaleivokset

学校が始まって3日。早起きがツライ。

3年目初っ端の授業は ”企業と顧客サービス” という、私にはとても荷が重い授業の
予定だったので、その覚悟をしていたのに拍子抜け。それは2学期だそうで。

1学期は実習授業ということで、さっそく木曜・金曜と実習してきました。

今、フィンランドは生のベリーが手に入る時期で、実習室にもラップランド産のイチゴや
ブルーベリーがあるので、隙を見てつまみ食い。

イチゴの大きさは不揃いなんですが、それがいかにも ”自然の中で育ちました” という
感じでおいしそうです。色も味も濃い。指先も赤く染まります。

木曜日は、そのイチゴを使って Mansikkaleivos マンシッカレイヴォス を作りました。

d0134806_4185278.jpg

この季節には、お菓子屋さんのショーケースには必ずあると言っていいケーキですね。
スポンジケーキの間にムースを挟み、イチゴを丸ごと並べて、ゼリーをかけるというのが
一般的じゃないでしょうか。

旅行者としてフィンランドに来ていた時、このケーキにあこがれました。日本じゃ、単純
すぎて、何の飾り気もなく、振り向いて貰えないケーキかも知れませんが、このわかり
やすさが、おいしいんです。

あこがれのイチゴケーキを作れる立場になって、すごい幸せを感じました。
今日、売店を見に行くと、48個のイチゴケーキがほとんど売れてました。フィンランド人
にもこの季節のイチゴケーキは特別、魅力的なんでしょうねぇ。
[PR]
by tornio | 2009-08-15 04:42 | Leipomossa 実習で


トルニオでパンとお菓子を学んだ留学奮闘記


by tornio

プロフィールを見る
画像一覧

最新情報

続・芬闘記(更新中)

フィンランドカフェ芬闘記

(トルニオ芬闘記から約7年、
再び芬闘中です。)

カテゴリ

全体
お知らせ
Suomessa フィンランドで
Torniossa トルニオで
Leipomossa 実習で
Koulussa 学校で
Elämässä 生活で
Ruoat たべもの
Suomen kieli フィンランド語
Minusta "私"って
Japanissa 日本で
Matkalle 旅へ
Haminassa ハミナで
未分類

以前の記事

2017年 02月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧