ウィーンのケーキ! 1 Aidan kakut

旅の目的はお菓子!
カフェで優雅に食べてちゃ、チップ代やら飲み物代もバカにならない。数多く食べるためには、やはり持ち帰りが一番!
一人で3つも4つもケーキを注文するのは邪道・・・という雰囲気があるウィーンのカフェ。持ち帰りだったら、気兼ねなく
ケーキを分解できるし、観察しながら味わえます。カフェでひとり、ケーキをまじまじと見ながら、時にはメモを取りつつ
食べていると目立ちますからねぇ・・・。そこはやっぱり開き直れません、私。

d0134806_4161810.jpg
さて、今回はオーストリアでチェーン展開している Aida アイーダ のケーキ。

ピンク色のお店が目印で、店員さんの制服も乙女チック。それを見て、私はアイーダでは働けないな・・・と思いました。
確実に、制服を着た自分を受け入れられない。って、そんなことはどうでもいいんですけど。




チェーンのカフェ&ケーキ屋さんだからか、値段も安めでした。3ユーロ以内で買えるケーキが多かったような記憶。

ショーケースを一通り見回して、どんなケーキが売られているのかを観察。季節が秋なので、色とりどりのケーキと言う
よりも、全体的に茶系のケーキが並んでいました。その中から3つを選んで、持ち帰り。

d0134806_4593244.jpg
ま~、見事に包まれたケーキ達!ケーキを紙に直接包むなんてこと、日本じゃあり得ませんからねぇ。それにしても、
包むワザは「ほぉぉぉ~!」ってなもんです。
で、開けてみると、これまた見事にクリームが紙にくっついちゃって、ケーキも美しさを失ってますし、優雅さもない・・・。
これを目の前にすると、やはり”ケーキはカフェで食べるもの”ということが基本なんでしょうか?オーストリアでは。

フィンランドではたいてい白いカートン箱に入れますが、これもまたケーキのサイズと合わないと、無残な姿になる場合
があります。”見た目の美しさ”も同時に求める日本人には、いつまでたっても慣れることはないかなぁ。

さて、アイーダではこんなケーキを買いました。

d0134806_5445047.jpg
Kardinalschnitten カーディナルシュニッテン ラズベリー味

定番ケーキの一つですね。
卵白生地とスポンジ生地を交互に絞って焼いた生地の間に、ラズベリームースを
挟んだものです。卵白生地のショワッという食感がアクセント。
ムースの分量がちょっと多すぎるかな・・・。スポンジが薄すぎて、ちょっと重い。

私は、このラズベリーの味がどうも苦手なんですよね。化粧品みたいな味がして。
だったら、何でコーヒー味を選ばなかったんだって話なんですけど、ラズベリーの
ほうがより定番のような気がしたので・・・。

d0134806_653374.jpg
Maroni-torte マロントルテ

その名の通り、秋の味覚の栗をこれでもか~と使ったケーキでした。
チョコレートスポンジの間にマロンムースを挟んで、上に甘みのない生クリームと
マロンペーストを絞ってあります。
フィンランドでは、栗を使ったケーキというのをほとんど見たことがない。モンブラン
のように、ぐるぐるとペーストを絞った形態も見ないですね。
う~ん、これはイマイチでした。絞ったマロンは乾いてるし、クリームも乾いた感じ。
いつ作ったケーキですか?という印象です。一番おいしくなかったのはクリーム。
クリーム本来の味を消さないように甘みをつけていないんでしょうが、クリームが
まずかったら意味がない・・・。
これは、他のと比べて安っぽいケーキの味がしました。あ、ボロクソに言い過ぎ?

d0134806_6242226.jpgBiedermeiertorte ビーダーマイアートルテ

チョコスポンジの上にヘーゼルナッツ(たぶん)のムースを流し、薄いナッツ入りの
スポンジをのせ、ベリーのジャムを塗り、更に薄いスポンジをのせ、カスタード味の
バタークリームを塗り、何かのペーストで線を描いたスポンジをのせたケーキです、
だと思います。あくまで、私の予想です。

これは組み立てが複雑なので、味も複雑でした。でも、ベースはナッツ味でした。
深みのある味というか、もったりした味。ん~、濃厚な味って言うのかな?ムース
が特においしかったです。
難点を言うと、一番上のスポンジとその上にかかったゼリーがダブルで甘いこと。
上のゼリーが余計な気がする・・。チョコスポンジだったらどうなんでしょう?
まぁ、でも、見た目で選んだ部分もあったので、それが狙いなのかも知れません。


私が、ウィーン旅行で忘れられないことが一つ。
アイーダでケーキとコーヒーを飲んでいたおじいさんが、食べきれなかったケーキをのせたお皿をカウンターに持ってきて、
店員に何かを頼んでいました。そして、私の前を通り過ぎたおじいさんが手に持っていたのは、包んでもらったそのケーキ!
オーストリアのお菓子とカフェ文化がそうさせるのか、そのおじいさん自身が素晴らしいのか・・・。

”食べ切れなかったケーキを持ち帰る”

ケーキを作る側でもある私は、おじいさんを抱きしめたいぐらいに感動しましたよー!
日常的にこういうことがある国だとしたら・・・ホレちゃいます。
[PR]
by tornio | 2008-11-16 07:49 | Matkalle 旅へ


トルニオでパンとお菓子を学んだ留学奮闘記


by tornio

プロフィールを見る
画像一覧

最新情報

続・芬闘記(更新中)

フィンランドカフェ芬闘記

(トルニオ芬闘記から約7年、
再び芬闘中です。)

カテゴリ

全体
お知らせ
Suomessa フィンランドで
Torniossa トルニオで
Leipomossa 実習で
Koulussa 学校で
Elämässä 生活で
Ruoat たべもの
Suomen kieli フィンランド語
Minusta "私"って
Japanissa 日本で
Matkalle 旅へ
Haminassa ハミナで
未分類

以前の記事

2017年 02月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧