レストランで昼食 lounasta ravintolassa

今日は、ravintola ラヴィントラ = レストラン でお昼ごはんを食べてきました。
しかも、タダで。

もちろん、学校をサボって・・・ではなく、ちゃんと行きました。


昨日の実習後、先生から

「明日は11時に、皆そろって昼食を食べに行くから。え~、そこで・・・。」

長々と、ナイフとフォークはどうだの、ナプキンはどうだの、服装コードを守れだのという
ような食事の際のマナーについての話がありました。


そして、今日。
11時に、学校に併設されたレストランへ実習着のままで行きました。服装コードはこの際
関係なし。

学校のレストランでは、実際にコック科の学生が料理を作り、サービス科の学生が給仕を
します。もちろん、学生の実習を兼ねて作られる料理なので値段は安めですが、私たちは
授業の一部なので、無料です。

席に案内されて、私が感動したもの。それは、テーブルセッティングが洒落ている!こと。
今週はイースターなので、テーブルクロスやナプキンは黄色と黄緑で、食器は真っ白。
フィンランドの春の色ですね。
芝とニワトリと卵の飾りが置かれている学食テーブルも好きだけど、優雅さが違います。

さて、学生ウェイターのあいさつから始まって、食事マナーについての説明が。
日本で教えられたマナーでは、食事中はぺちゃくちゃとおしゃべりをしない、ということです
が、今日はこう言われました。

" 常に両隣の人と会話をしてください。"

そういえば、フランスの高級レストランへ行ったとき、フランス人のおしゃべりが止むことは
なかったな・・・。確かに、カチャカチャと食器の音だけがする空間は、楽しくも何ともない。

その後、数秒で、前菜のトマトとモッツァレラチーズのサラダが運ばれてきました。パンは
バターをたっぷり塗って、焼いたフランスパンが一切れ。
なんかよくわからない味でしたが、そこそこおいしかったです。って味があんまりしないと
いうだけで・・・ちょっと気取った生野菜を食べたという感じ。

次はメインです。
運ばれてきたのは、ジャイアントサイズのポークカツレツ。デカすぎだろ・・・。それにポテト
と焼いたズッキーニ、人参、パプリカがちょこっと。薄っぺらい豚肉でしたが、お皿の半分
以上を占めるサイズはどうなんだ?
ま、久々に脂っこいものを食べたので、満足ですが。

最後はデザート。
りんごタルト、バニラソース添え。どっしりとしたパウンドケーキのような生地の上に、甘く
煮たリンゴをのせ、上にどっさりとクラムを散らして焼いたケーキでした。ちょっとクラムが
硬かったけど、平均点のおいしさでした。

締めは、もちろんコーヒーです。

のんびりと1時間20分のランチタイムでした。いつもは10分ぐらいで済ませている私も、
お腹いっぱい、のんびりと食事したせいか、眠気が・・・。


フィンランドの学校では、授業の一部として、森へベリー摘みに行ってソーセージを焼い
たり、そり滑りに行ってソーセージを焼いたり、お菓子とジュースにビデオを見て終わる
クリスマスパーティーがあったり・・・そして今日も優雅なランチタイム。
めんどくさいな~と乗り気じゃなかったのに、楽しんじゃったということが多いんですよね。

フィンランドで学生になると、こんなことが出来るんだ~と、日本で窮屈な学生生活を送
ってきた私には、うらやましいことがいっぱいあります。ま、でも、日本の学校も悪くない
と感じる点もありますけど。


今日は、お昼ごはんをいっぱい食べたので、夕食は食べません。
あんなでっかいポークカツレツ食べたら、お腹は空かない。いや~ごちそうさまでした。

d0134806_662316.jpg

[PR]
by tornio | 2008-03-20 06:07 | Koulussa 学校で


トルニオでパンとお菓子を学んだ留学奮闘記


by tornio

プロフィールを見る
画像一覧

最新情報

続・芬闘記(更新中)

フィンランドカフェ芬闘記

(トルニオ芬闘記から約7年、
再び芬闘中です。)

カテゴリ

全体
お知らせ
Suomessa フィンランドで
Torniossa トルニオで
Leipomossa 実習で
Koulussa 学校で
Elämässä 生活で
Ruoat たべもの
Suomen kieli フィンランド語
Minusta "私"って
Japanissa 日本で
Matkalle 旅へ
Haminassa ハミナで
未分類

以前の記事

2017年 02月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧